近大鈴木康弘(ボクシング)の除名処分の理由…澤谷廣典との関係は

   


残念なことに、また近大のボクシング部で不祥事が発生したようですね。

何を隠そうボクシング好きな私にとって、アマチュアからプロへの懸け橋ともなろう有名大学のボクシング部の不祥事には心が痛むものです。

どのくらい好きかと言うと、このブログ内でもいくつか記事を書いてきましたが、よろしければボクシングくじをどうぞ。

ルイスネリーのボクシングスタイルや戦績は?得意なL字ガードとは

アントニオニエベスの戦績や身長…画像や動画にネット予想まとめ!

さて、そんな近大ボクシング部の男性監督である、鈴木康弘さんが残念なことにハラスメントで自宅謹慎となり、その後除名処分という重たい処置がなされたようです。

でも、良く考えてみてください、騒動が起きてすぐに謹慎、その後除名というのは、如何にも重たいようにも見えるのですが、もしかすると、かなりのハラスメントだった可能性が高いことが容易にわかりますよね。

さて、そんな近大ボクシング部の監督でもあった鈴木康弘さんについて、色々と書いていこうと思います。

 

Sponsored Link

 

鈴木康弘の経歴やプロフィール!元日本代表?

ボクシングを知らない人にとっては、大学の監督がクビになったんだな・・・ということぐらいしか思われないと思うのですが、この鈴木康弘さんは言わずと知れた、ロンドンオリンピックに出場を果たした有名な選手なんです。

現在29歳とまだ若く、アマチュアから転向していれば、プロでも戦績が残せていたのではないかと思われる選手だったのですが、とても気がやさしい方のようで、昔はイジメられていたこともあったようですね。

国体や選手権、インターハイで高校3冠を達成し大学は拓殖大学に進みますが、ここでも大学日本一に輝くなど、華々しい成績をおさめられていますね。

そんな不屈の精神をお持ちの人が何故、このような事に巻き込まれたのでしょうかね。

【送料無料】サウナスーツ レジスト メンズ おしゃれ スポーツウェア レディース 大きいサイズ 男女共用 発汗 ダイエット ウェア ウォーキング エクササイズ 減量用トレーニングウェア ランニングウェア ウインドブレーカー ボクシング 寒さ対策 M〜4L

 

鈴木康弘

 

鈴木康弘の除名処分の理由と気をつけなければならないハラスメントとは・・・

鈴木康弘さんのハラスメントは、やはり許されるものではないとは思いますが、私ももしかすると職場や後輩、そして取引先などの人に、知らぬうちにハラスメントとなるようなことをしている恐れはありますよね。

以前にもパワハラやモラハラ、アカハラと色々なハラスメントを聞きましたが、今回鈴木康弘さんが起こしたハラスメントの内容とは、もしかすると特定の人に対して触れたり、過剰にスキンシップを求めたりするなどの行為だったのではないでしょうか。

そして、容姿の事なども触れている可能性も高いですよね。

除名処分というのは極めて重いものですから、もしかすると何らかの危害が加わる寸前ということも可能性としてはあり得ますよね。

やはりコンプライアンスという観点から、気をつけていかなければならないハラスメントというのは、デリカシーの無い発言をしたり、自分の価値観だけで判断をしてしまうと、ハラスメントになる確率が非常に高いと思うんですよね。

中には冗談で聞き流せるタイプの人もいるかもしれませんが、世の中そんな人ばかりではありませんから、要注意ですね!

 

Sponsored Link

 

鈴木康弘と澤谷廣典との関係とは・・・ハラスメントを知っていたのか?

まず、鈴木康弘さんと澤谷廣典さんとの関係というのは、赤井秀和さんが名誉監督になったことで、後任として任されたのが澤谷廣典さんですから、言うならば上司と部下と言う関係となります。

では、何故総監督と言う立場の人が、鈴木康弘さんをコントロールしていなかったのでしょうか。

会社の上司であれば、部下の日常の立ち振る舞いや、生徒との関係性・距離感について指導をされていたと思うのですが、もしかするとお互いに仲が悪かったのでしょうか、鈴木康弘さんは除名処分にまでなってしまいました。

ハラスメントというのは、澤谷廣典さんが居ない時や、わからない間にされている可能性が高いわけですが、もしかするとLINEやSNSなどの関係を用いて、女性との距離を詰めていったのかもしれませんね。

にしても、ハラスメントの事実を本当に知らなかったのでしょうか…やはり気になるところではありますが、今後は良い監督を選んでいただき、是非ハラスメント撲滅に向き合って、もっと良いボクシング部を作って頂きたいなと一ファンとして思いますし、世界に羽ばたく選手をこれからもドンドン輩出してほしいと思いますので、今後も近大ボクシング部を暖かく見守っていこうと思います!

 - 気になる時事ネタ