ASKAが逮捕!文春級、ミヤネ屋の井上公造が生々しいやりとり

      2016/11/29

Pocket

先ほど、インターネット上に驚きの記事が掲載されました。

チャゲ&アスカアスカこと、宮崎重明容疑者と言うのか、宮崎重明元被告と言うべきなのか・・・逮捕されました。

数々の華々しいヒット曲を連発し、1980年代から1990年代初頭にかけて最高の男性2人組デュオと呼ばれたのですが、もう自分自身の力では決別することが難しいのでしょうか。

これには、本人の弱さに加えて、誰だか宮崎容疑者に加担している人がいて、弱い本人がそこに逃げているのではないか?とも思えます。

 

Sponsored Link

 

これまでのASKAの奇行の数々が・・・

チャゲ&アスカとしての活動は、今はめっきり見ることがなくなりましたが、実は売れていた頃も本人はソロデビューし、チャゲと違う道を歩んでいることもありました。

もしかするとその辺から2人の関係がほころび始めていたのでは無いかと思います。

笑っていいともという番組があったのですが、MCのタモリさんが実はおかしいのではないか?とかなり指摘をしてるんです。

これはわたしもリアルタイムで見ていたのですが、観た感じはえらく人当たりが悪い人というか、いかにもパッとしない人だなと思いましたし、雰囲気も悪い感じのひとでしたね。

実は、タモリさんが「顔がやつれてるねー、頬がちょっとこけてないか?ほっぺたが黒いよ」なんて指摘をしたんですが、本人はレコーディングなどに没頭すると飲まず食わずになるので、このような容姿になってしまうようなんです。と言っていましたが、かなり会場の雰囲気も不気味な感じでしたね。

しかも会話が全くかみ合っていないので、タモリさんもその点は指摘をしていましたが、それに対しての反応も非常に微妙な所でしたね。

 

アスカ 逮捕 

 

騒動の事実は、幻覚や幻聴なのか?

実際のところ、この辺は今回のきっかけになっていますが、自らが電話を110番通報した際に、呂律がまわらないことを不審に思った警察が、自宅を訪れたことによって逮捕されています。

その際に警察官は、騒動の内容などがおこなわれているか確認をしましたが、そのような点は全く感じられなかったようです。

また、同時に室内を捜索した際に、お縄となってしまう道具は見つからなかったとのことですから、なぞは深まるばかりです。

実際に以前一緒に使用をしたことのある、とちないかすみさんはどのように思っていることでしょう。

一番近くで、宮崎容疑者を見ていたことがあるわけですから、事情を聴いてみたいところですよねー。

ちなみにスクープリポーター井上公造さんが、実は2日に1回ほどASKAさんと電話をしていたことを、カミングアウトされましたが酩酊状態で電話をしてきたり、その生々しいやりとしを公開していましたが、今飲むのですか?と話しかけても無言だったり公衆電話からいきなり電話をしてきて、携帯が取り上げられている全て誰かの思惑どおりなことをされていると繰り返し発言していたりと、もう取り戻しのつかない状態になっていたのではと井上公造さんは思われていたのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

執行猶予中の犯行で、ASKAこと宮崎容疑者はどうなるのか?

芸能人や文化人など、社会的に影響のある人がこのようなことを起こしているので、通常の罰則よりも実はゆるくなるんじゃないか?なんて個人的には思うんですよね。

ようは、元巨人で球界の番町こと清原選手が薬物で捕まった際も、元横浜ベイスターズのハマの大魔神こと佐々木選手が出てきて、酌量を求める陳述をおこなっています。

ということは、ASKA容疑者も結局の所は、そーいう展開になるのがちょっと目に見えている所はあるんですよね。

ただ、元ラッツ&スターで志村けんにも非常にかわいがられていた田代まさしとかは、複数回いけないものに手を出したことで簡単にそっぽ向かれましたから、もしかすると支援に名乗りでる人は多くないのか?とも思ってしまいますね。

今回は執行猶予中の犯行と言うことで、執行猶予は取り消しになることは間違いないです。

ここまで、ASKAこと宮崎容疑者の身元を引き受けていた奥さまについても、目黒区の自宅を出ていく・・・すなわち離婚となる可能性も十分に考えられます。

執行猶予は、次へのチャンスをもらえていることなんですよ、ようはその間とか期間中に、犯罪をおこさなければ消滅というか消失というか、無かったことにしてあげる。みたいなもんなんですし、社会生活を経験させながら更生させるという、非常に罪を犯した人にとって優しい判決なんですよ。

それをみずから破棄するというのは、何とも無謀なことなんですが、この執行猶予期間中の犯行はもちろんのこと、実は駐車違反など交通違反は絶対にダメです。

基本的には罰金刑なんですが、人身事故などをおこしてしまうと懲役刑を受ける可能性が非常に高まってしまいます。

今回の件で、執行猶予は取り消されるでしょうから、ただちに判決刑罰が執行されますし、今回の刑罰も加算されますから懲役期間が初犯の時よりも長くなることは言うまでもありません。

本当に相方のチャゲさんが不憫でまりませんし、私は先月チャゲアスのベストを実は借りて聞いてたんですが、なんだか悲しい歌に聞こえてなりませんね。

 

 - 気になる時事ネタ