浜中俊の嫁谷口智美は双子で、職業は鍼灸師兼バトミントン選手?

   

Pocket

5/13の炎の体育会TVで最強ジョッキー軍団が参戦され、人技とは思えない驚異の身体能力を披露されるんだとか!

いつもは、サラブレッドに跨っているジョッキーの方も、今回はロデオマシンに乗られたり、流鏑馬をされたりと、さすがジョッキーと言わしめるパフォーマンスを発揮されてそうですが、賞金総額1200億円という触れ込みを見られて、皆さん思われたのが、競馬ってそんなに儲かるのか?と思われたことではないでしょうか。

競馬は落馬で負傷したり、中には再起不能となるような怪我を負うこともある、大変リスクの高い競技なのですから、収入と言うのはそのリスクに合わせて、高くなるのは当然のことなのですが、ではどれほどの収入なのかですが・・・。

競馬にはJRAなどの中央レースや、各地方競馬レースがあり、どの規模のレースでも賞金が設定をされています。

その賞金とはグレードと呼ばれるクラスが高ければ高いほど賞金が高くなり、最高峰クラスのレースになると国内では、約4億近いレースがあります。

そして、その4億円がどのような配分をされてジョッキーの手元に入るかというと、まず馬の持ち主、馬主というのですが、そこに80%、そしてその馬を調教してくれる人へ10%、そしてジョッキーと厩務員、馬の面倒を見てくれるところへ各5%の分配があります。

1レース数分のレースで、1着になれば数千万ですから、そりゃトップクラスのジョッキー達の賞金総額1200億って納得できますよね(笑)他にも騎乗手当なんてものもありますから、年収は1000万なんてちょろいんですよね実は!

そんなジョッキーの中でも、イケメンで実績たっぷりの浜中俊さんが今回出演をされるのですが、あの綺麗なお嫁さんのことなど色々とお話をして行こうと思いますよ!

 

Sponsored Link

 

浜中俊の妻は、谷口智美さんで双子なのか?

浜中俊さんのお嫁さんは、一般人という事で、あまりお顔を見ることがないのですが、既にお子様もいらっしゃるようで、長女は美侑ちゃんと言うようですね。

結婚をされたのがとても早く、なんと20歳の時に結婚をされたようなのですが、凄い決断ですよね、私ならもっとコンパに行きたいですし、もっと女の子と遊びに行きたいですし、もっと女の・・・・。

すいません、ちょっと女・女・女と・・・どぶろっくみたいになってしまっていましたが、浜中俊さんが頑張れる理由は、きれいな妻と、かわいい子供のおかげなんでしょうね。

そして、妻谷口智美さんについては、双子という説もあるようですが、今のところその真相はあきらかになっていませんね、やはり一般人という事も考慮し、情報が出ないようにされているんでしょうね。

【送料無料】家族みんなの金運アップ祈願にッ!!! 昔ながらの縁起物・シマヘビの抜け皮《お財布に入れる金運の御守》※メール便発送のため宅急便商品と同梱の場合は店舗にて送料540円をご注文後に追加させていただきます

 

 

谷口智美

 

谷口智美の職業は、鍼灸師なのか?

浜中俊さんの妻、谷口智美さんを調べると色々と検索のキーワードが出てくるのですが、その中でも鍼灸師というのがでてきました。

やはりプロのジョッキーですから、体をいたわらないといけませんし、奥さんが鍼灸師っていうとちょっと心強いですよね。

鍼灸師というのは、実は国家資格をとらないといけませんし、今では治療のみならず、美容やフィットネス、介護施設などでも活躍の場が広がっていますね。

そして、肝心の職業ですが鍼灸師ではないようですね。

同性同名の方が活躍をされているようですが、浜中俊さんの妻、谷口智美さんのほうは、それより子育てに奮闘されているでしょうから、鍼灸師などしている場合じゃないですもんね(笑)

 

Sponsored Link

 

谷口智美の職業は、バトミントン選手なのか?

実は鍼灸師ではなくて、色々と探すとバトミントンというキーワードもあるようなのですが、私は正直ママでも出来るのはバトミントン選手なのではと思ったりしたのですが、最近では女子の選手は結婚などをした後にも、競技に未練が残って戻ってくるケースって多いと思うんですよね。

クルム伊達公子さんなんかも、結婚してからの長期ブランクを乗り越え活躍をされていましたしね。

そして、本題の谷口智美さんがバトミントン選手ではないかというのを調べていきましたが、結論を申しますとバトミントン選手でもなければ、過去にバトミントンの選手だった実績もないようですね。

こちらについても、福岡県の人で同性同名の人がご活躍されているようですが、浜中俊さんの妻の谷口智美さんではなさそうでしたね。

最後に、是非番組の予告をご覧くださいね!

 

 

 

 - 気になる時事ネタ