何故、自動車保険は高いのか?自動車保険の中身とは・・・

   


何故、自動車保険は高いのか?自動車保険の中身とは・・・

 

まだまだ免許を取得中ですから、車を買うなんて先の先の先ですよね。

どうも土屋です。

車を買うこと前提で免許を取るわけですから、車を買うときの知識がいる!ということで強引に推し進めていますので、是非車を買うときの知識にして頂ければと思います。

皆さんの中で、免許を取得して就職をされる方は、恐らく給与も手元に入ることになりますし金銭的に困窮をすることがないでしょうから、多分大丈夫なんだと思いますが、免許を取得して進学をする人にとっては、お金の問題も出てくるわけで、やりくりが必要ですよね。

その中で毎月必ずかかるものがあります。

ガソリン代というような声も聞こえてきますが、実は違います。

ガソリンは乗らなければ減りませんし、必ず定期にかかる費用ではないわけです。

では、乗らなければ必ずかかる費用は何かと言いますと、保険なんです。

いわゆる自動車保険と言っていますが、「任意保険」というものなんです。

学科でも習ったかもしれませんが、この任意保険というのは今では強制保険でして、任意だから大丈夫というものではありません。

必ず車に乗ると加入をしなければなりません。

この任意保険は、毎月車に乗らなくともかかる費用です。

保険だと生命保険のように比較的若いうちに加入すると、安くなるものなんじゃないですか?と言われる方、それは大間違いです。

この自動車保険は、車に乗った経験から金額が算出されるわけなんですが、若い人については経験がありませんから保険代金は非常に高くなります。

では、50歳の人が初めて免許を取得して、初めて保険に加入した1年目はどうでしょうか?この場合、18歳の子が加入した1年目の料金と同じなんです。

何故かというと、やはり信用度が低く、車を運転するという点で見ると社会的責任が低く試算されており、その分高額な保険料となってしまうわけです。

では具体的に、どのくらいの保険料になるのでしょうか?

といわれそうだったので、もう考えてますよ(笑)。

人と事故をしても無制限に保険が出て、搭乗者の事故もそうですね、1000万円ほどは保険がおりるとして、比較的新しい車なので車両保険というものにも加入したとしましょうか、ちなみに車両保険というのは任意保険の中にある仕組みで、これは強制加入ではありません。

事故したときに、この車両保険があればきれいさっぱり直ってしまう保険というような感じで考えておいてください(笑)

さっきの話にもどりますが、それだとだいたい、月々は10000円~12000円ぐらいはかかると思います。

もっとプランを絞って、安くするようなプランもありますが、それでも毎月6000円とか7000円ぐらいはかかると思いますね。

ということはですよ、月にアルバイトをして50000円くらい稼いだとしても1/5~1/7ぐらいは保険代金な訳です。

これ高くないですか?(笑)。

では、こんな場合どうすれば良いかというと、このような場合は保護者の方の名義をお借りすれば少し安くなったりとメリットがあります。

その辺の裏技は又の機会に教えましょう!まずは、自動車保険とは非常に高いものですから、なめてかからないようにしましょう(笑)。

 - 自動車にまつわる話