アイドルの契約内容は何を違反したらダメなのか?解除と解約とは

   


つい先日、ロックバンド、下衆の極み乙女。の川谷絵音さんアイドルのほのかりんさんと、未成年が飲んではダメな飲み物を飲みながらデートをしたそうで、その結果ほのかりんさんが、なんとアイドルとしての権利をはく奪されてしまったのです。

ようするに、契約を「解除」されてしまったようです。

アイドルとしての契約内容がどうであれ、今回は未成年が飲んではいけない飲み物を飲んでしまったことによる契約解除ですが、実際には、ほかにどのような契約内容がアイドルという職業に課せられ、そして何を違反したらダメなのか?

契約には「解除」と「解約」とあるのですが、何がどのように違うのか?というのをお伝えしようと思います。

 

Sponsored Link

 

アイドルが契約する内容に不平等な契約内容があるのか?

まずは、これが非常に気になるのですが、アイドルがいわゆる所属する事務所と、どのような仕事をして、いくら給料があって、というような基本的な契約については、ある程度当たり前というか、逸脱した契約内容ではないと思うんです。

アイドルといえども仕事ですし、最低賃金や年齢に応じた就業時間なんかは決まっているはずなんですよね。

ただ、少し不平等というか、不利な契約内容がこのような芸能仕事についてはあると思うんですよねー。

「彼氏を作ったらダメ」

この彼氏を作ったらダメって、多感な時期に、難しいことだと思うんですよね、不平等と言うか自然な流れのうちに彼氏ができるのは、そのグループや本人も話題性があって、そのおかげでもっと売れたり、目立たなかったのに目立つようになった!というのがあるので、言いと思うんですよねー。

でも例えば、自分が事務所の社長なら・・・ちょっと考えるかな(笑)。

 

アイドル 契約

 

不平等な契約内容でも、締結した場合、違反は即刻契約「解除」なのか?

まず、通常一般社会において、不平等な契約をした場合についてですが、契約解除が可能です。

例えば、時間給与が1時間700円が最低賃金なのに、例えば650円しかあげませんよ。ってな契約であればどうでしょうか?

即刻契約解除できるでしょう。

当事者同士が合意した内容であっても、法律などのルールに抵触抵触する場合はダメなわけですねー。

そういえば、時間給の話ですが、私が学生のころは、最低時給650円ぐらいでしたかねー。

都道府県で違うので何とも言えませんが、かなり安くて嫌でしたね、毎日毎日皿洗い、特にこの時期は大変でしたね(笑)。

 

Sponsored Link

 

契約には解除と解約がある?違いはいったい何か?

まず契約の解除とは、先ほど申し上げた通り、当事者同士が決まり事を決めて、お互いに守ろうと決めたにも関わらず、どちらかがその契約、決め事、ルールを破ってしまった場合に、解除となるのです。

または、法律で決まっている制限を超えている場合なども、解除になりますよね。

解約というものは、例えば携帯電話なんかだとわかりやすいですよね、契約者が契約の満了などを待たずに一方的にやめてしまう場合です。

では、どちらがマズイのかなんですけど、私的にはどちらも悪いのですが解除と言う方が、少し深くて怖い感じがしますよね。

今回、ほのかりんさんが、解除になりましたが、アイドルを目指す人はこの辺をしっかり見極めた方がいいでしょうねー。

 

 - 気になる時事ネタ