丹波慎也投手の急速に得意球とは…本人写真に出身中学はどこ?

   

Pocket

11/18(日)の消えた天才では、あの横浜高校最強で最高の投手だと言われた天才投手に迫るようですが、これは有名なお話ですよね。

この天才投手とは丹波慎也さんと言われ、50年以上横浜高校の指揮をとってきた渡辺監督ですら、松坂大輔より上だったと言い切っているようですからね。

松坂世代 (河出文庫) [ 矢崎良一 ]

特に渡辺元監督は、天才と言っていますよね…天才とは元々備わっている能力も勿論ですが、やはり努力を怠らなかったりということも含めて天才だと思うんですよね。

高校1年生の夏からベンチ入りをされて、新チームではエースで4番…これはもう私からするとマンガのような世界ではありますが、今日は丹波慎也投手について少し書いていこうと思いますが、まずは投手としての能力ですね、球速や得意球、そしてご本人は当時かなりのイケメンであったことを、1学年下の上地雄輔さんも言われていますからね!

他にも出身中学などについても書いていこうと思います。

 

Sponsored Link

 

丹波慎也投手の球速や得意球とは?

丹波慎也投手ですが、投球の動画や写真は本当に記録が少なく、公式に存在しているものはないようです。

それもそうですよね、甲子園の舞台を踏まずして逝かれてしまったということですからね、恐らく練習試合などで保護者の方がホームビデオをまわしている程度のものしかないでしょうね。

ただ、1枚の写真が撮られているのですが、これが丹波慎也投手の投球フォームです。

 

丹波慎也 投球フォーム

 

この投球フォームからでは実際の球速は少しわかりづらいですが、ただ、上体が主導の投球フォームのようにも思いますね、下半身は踏込足への体重の乗り方が、少し甘いようにも思います。

ですから、上体については本当に弓なりになっていますし、粘りのあるようなフォームではありますが、球速的には140キロ出ていれば良い方ではないでしょうか。

熱闘甲子園 最強伝説 Vol.2 〜「奇跡のバックホーム」から「平成の怪物」へ〜 [ (スポーツ) ]

球持ちが長ければ身長もあるので、角度、キレがあれば打ちにくい投手だったでしょうね。

右上手の本格派の投手だったということなので、恐らくカーブ、スライダーなどを主体に投球を組み立てる投手であったに違いありませんね!時代的にも、まだツーシームなどの球は日本ではなじみが薄かったですからね。

 

丹波慎也 写真

 

丹波慎也 本人画像に出身中学はどこ?

丹波慎也さんですが、本人画像を載せておくのですがこれは上地さんが言うように、イケメンですし絶対にモテたでしょうね(笑)いまでこそ、共学高校ですが当時は男子校ですが、近隣の学校では絶対に丹波慎也さんの名前は売れていたことでしょう。

 

 

少し本人の動画についても、色々と探すとありましたのでこちらに載せておくのですが、出身中学は中学時代の青いユニフォームから考えると、横浜であることに間違いはなさそうですが、特定までが難しいですね。

ただ、調べますと地元の並木フェニックスで野球を始められていると言う事で、並木中学か富岡東中学の可能性が高いのではないかと思いますね、ちなみに中本牧シニアでは世界選抜にも選ばれていますからね。

 

Sponsored Link

 

丹波慎也 兄幹雄の現在の職場とは?

丹波慎也さんの兄幹雄さんの現在の職場ですが、どうもバスの運転手をされているとの話がありました。

少し調べますと、川崎鶴見臨港バスという会社にお勤めという情報もありましたが、現在はどうも別の神奈川県内にある企業にお勤めなんだそうですね。

勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき… [ テレビ朝日 ]

ただ、野球関係では無いようなので、広告やマスコミ関係、そしてスポーツ関係のお仕事ではないように思われますね。

今回弟の丹波慎也さんが取り上げられますから、当時のことについて兄の幹雄さんも恐らく何らかの形でご出演されるに違いありませんので、その様子を見逃さないようにしなければなりませんよね!

 - 気になる時事ネタ