大岡新一社長の年収はいくら?略歴や画像、岡崎宏三との関係は?

   


皆さんはウルトラマンというのを知ってますか?そうそう、そうです!悪い怪人たちをバタバタと倒していく、当時では本当に考えられないほど高度な撮影技術で番組を制作し、見る子供達を驚かせていたんですよ!

今でいう所の、映画館で3Dとか、更に一歩進んだ4DXとかって映画館がありますよね?ただ単に目で見て耳で聴くのような、表面的なものではなくて、体で怖さや衝撃を感じ、水などの飛沫があがることで、今度はリアルを味わえる。

そんな映画館が増えていますが、当時の円谷プロダクションはいわば、そのようなセンセーショナルな映画やテレビ番組などを多く手掛けていたんですよ。

特に、ウルトラマンシリーズが有名で、クオリティが非常に高かったことで有名でしたが、その製作費と言うのも、当時ずば抜けてかかっており、2002年には資金が行き詰まり、バンダイから2億円もの融資を受けたことがあったようです。

銀行からお金を借りれないって本当につらいですよねー、私も聞いたことがあるのですが、売り上げ1億円は簡単だけど、借金1億円は難しいととある金融系のセミナーで言われてましたねー、いわゆる信用度が関わってくると思うのですが、苦境にたたされていたこともあったので、銀行は戻ってこない可能性のある融資は断ったんでしょう。

バンダイなどは、反対にウルトラマンを中心に、色々と商品のラインナップもあって、どちらかというと円谷プロダクションの商品に助けられていたのではないかと推察でき、今後のより一層の協力関係を結ぶのには都合が良かったのではないかと思いましたねー、ただ積極的な融資は賭けでもあり、リスクもありますが、ある種の投資のような位置づけであったのではないかと思いますね。

 

Sponsored Link

 

大岡新一社長とはどんな人?画像や年収はいくらなのか・・・

大岡新一社長と言えば、一度若いころに円谷プロダクションに入社するものの退社し、フリーにて活躍をされたあとに、再度出戻りというような形で戻ってこられます。

中々サラリーマンの世界で、出戻りというのは難しいと思われますが、大岡新一社長は、円谷プロダクションの過去を知る人物で、更にカメラマンをしていたということで、生粋の職人肌を持ち合わせる人でしょうから、新たな撮影技術とか、新しい風をふきこんでくれそうですよね!

また現在は社長さんという立場ですから、年収は数千万レベルでしょうねー。

 

大岡新一 ウルトラマン 円谷

 

大岡新一社長の生い立ちや、略歴について・・・

大岡新一社長は、東京都出身で、慶應義塾大学法学部を中退され、円谷プロダクションに入社をされています!

当時から、特殊な技法を用いて撮影をおこない、注目をされていましたが、けんか別れではないものの、フリーに転身されます。

この転身が、かなりご本人には転機だったようで、このときに斜めに見ていた撮影についての基礎を徹底的にやりこんだんだとか!

 

Sponsored Link

 

大岡新一社長と岡崎宏三の関係は?

どうも、フリー転身で転機になったのは、岡崎宏三さんとの出会いだったと回顧されています。

先述の通り、基本的な撮影技術を叩き込まれており、同じ日本人のカメラマンでありながら、カルチャーショックを受けるほどだったと言われています。

ですので、大岡新一社長にとって、岡崎宏三さんは師匠だったようですね!

 - 気になる時事ネタ