ミランメリンドの戦績や身長、世界ランクの暫定王者って何?

   

Pocket

ついに八重樫東選手の3度目の防衛戦の話が決まったようで、にわかボクシングファンにとっては、たまらない好カードだと思うのですが、その前に、にわかと言っても少しは勉強をしているので、ボクシングのこともわかってきましたよ(笑)とだけは言っておきます。

そんな八重樫東選手が戦うのは、なんとボクシングの強い国でもあるフィリピン人ボクサーのミランメリンド選手に決まりましたが、このミランメリンド選手、フィリピンで言う所の帝拳と言うのでしょうか、名門ALAジム所属のようです。

ちなみに、この名門ジムはマークマグサヨや、アルバートパガラなどの若手期待の星がおり、スーパーバンタムやフェザーではこの2人に勝てるボクサーというのは中々いないでしょうね!

特に、このジムと言うのは若手がどんどん出てくる印象で、やはり拳一つで成り上がることができるのは、フィリピンのひとにとって非常に魅力的なのでしょうね!

そんな名門出身のミランメリンド選手、今回八重樫東選手との対戦ですが、果たしてどのような結果になるのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

ミランメリンドの身長は?八重樫東よりも高いのか・・

ミランメリンド選手の身長は157センチということで、ライトフライ級ならこのぐらいの身長が多いでしょうね!

そして、先日、村田諒太選手の記事でも話した、リーチについてですが、このリーチが身長よりも長く162センチのようです。

リーチがある場合、アウトボクシングがやりやすく、KO狙いでなく判定狙いであればポイントを重ねるボクシングができることから、リーチと言うのは短いより長い方が、ボクサーにとってはお得ですね。

ちなみに八重樫東選手は、身長162センチと5センチも高いですねー、ただリーチは161センチと身長の割には短めのようです。

 

ミランメリンド

 

ミランメリンドの戦績は?勝気なファイタータイプなのか・・・

外国人選手の勝手なイメージになるのですが、短気で、すぐにカッとなるようなイメージがあるので、決着はほぼKOのようなイメージを持つ人も多いかと思うのですが、実はそんなボクサーばかりではありません。

というのも、ミランメリンド選手は実に、35勝の内KO勝ちというのは、わずか12ほどしかありません。

ということは、間違いなくアウトボクシングと手数を使うパターンのボクサーだと思います!八重樫東選手は、持ち前の軽妙なステップと手数の多さでは負けませんから、あらゆるコンビネーションパンチで相手を圧倒して欲しいですね!

我、弱き者ゆえに [ 八重樫東 ]
 

Sponsored Link

 

ミランメリンドの暫定王者と正規王者の違いは何?

暫定王者というのは、「暫定」とあるように、正規王者が例えばコンディション不良などで試合をマッチメイクできない場合、興業を盛り上げるために、暫定的に仮の王者を擁立し、正規王者の代わりに試合を行うのです。

扱いとしては正規王者とほぼ同等で、防衛戦もできますし、団体のベルトも腰に巻くことができるので、結構正規王者と混乱するんですよね(笑)

本来は、正規王者がいるわけですから、別に作らなくても良いのですが、ボクシングと言うのもスポンサーや、興業を成功させなければならないことから、王者の価値を半減させてしまう制度を強引に作ったようなものだと思いますね。

ただし、今回のミランメリンドは戦績を見ても王者たる堂々とした成績ですから、戦いが今から待ち遠しいですね。

 - 気になる時事ネタ