食べ放題で元を取る方法は?寿司・焼肉・スイーツの原価はいくら?

   

Pocket

すしチェーンの「かっぱ寿司」を展開しているカッパ・クリエイトさんがどうも6/13から食べ放題キャンペーンをすると発表をされましたね。

食べ放題ですから、勿論いくら食べてもらっても料金は一律で、今回かっぱ寿司さんはどうも税別1580円ということで寿司食べ放題を展開されるようなのですが、どうも前期赤字だったようで、思い切った舵取りをされますね。

正直1580円なら、1皿100円を約16皿食べれば、32貫食べれば元が取れるんでしょうけど、でもこれってちょっと多いと思うんですよね。

私が実際に食べたら恐らく10皿も食べられないと思いますし、中学生とか高校生ぐらいの食べ盛りの子であれば20皿ぐらい食べられると思いますが、私の年齢からすると、この食べ放題という選択肢はないかもしれませんね。

今回の食べ放題は時間制限もあるようなので、私はこの時間制限を気にしながら、更に元を取ることができるネタを探しつつ、食事を楽しむというのは・・・無理でしょうね(笑)

そもそも、食べ放題で元を取るには、店に少しでも爪痕を残せるように、どのネタよりも原価が高い物を狙わなければなりませんから、そこまで気にすると肝心のお寿司がちっとも美味しくなくなりますよね。

でも、皆さん食べ放題で少しでも元が取る方法を、気にしないレベルで実戦できるとしたら、知っておきたいですよね?

昨今、焼肉食べ放題、しゃぶしゃぶ食べ放題、寿司食べ放題、スイーツ食べ放題、中華食べ放題・・・と色々な食べ放題がありますが、私土屋が、食べ放題の原価をお教えしましょう。

 

Sponsored Link

 

食べ放題で元を取るには、何を食べれば良いのか?焼肉の場合は・・・

まず焼肉の食べ放題で、絶対に食べてはいけないものは「ホルモン」です。

ホルモンはとにかくキロ単価が安い食材で、ほとんどの焼肉屋の仕入れとしては180円/kgぐらいのところが多いです。

しかもかなり胃にきますから、量が食べられないうえ、元を取るには3000円の食べ放題だとした場合、何キロ食べたら元が取れるかわかりますよね?

そして、積極的に食べて頂きたいのは、牛ロースです。

牛に関しては鳥や豚に比べるとキロ単価が高い傾向ですから、鳥や豚には目を向けず牛にしましょう。

特に牛ロースについては580円/kg前後の仕入れのお店が多いですので、元を取るにはここをしつこく狙ってタレで味をかえつつドンドンせめていきましょう。

また、ついつい再度メニューやご飯ものを食べてしまいがちですが、元を取るには絶対捨ててください(笑)

本日全品ポイント10倍中!(スマホエントリー限定)\あす楽OK!/楽天グルメ大賞カニ部門3年連続受賞!【生食OK】特大3Lサイズ!カット生ずわい蟹(高級品/黒箱)内容量1000g/総重量1300g[送料無料]約4人前【カニ】【かに】【蟹】【カニしゃぶ】【鍋】

 

食べ放題

 

寿司食べ放題で元を取るには、何を食べれば良いか?サーモンや赤身はダメ?

最近では珍しくなくなってきた寿司屋の食べ放題ですが、では元を取るにはどのように攻めて行けばよいのでしょうか。

回転寿司なども、食べ放題の寿司と同じネタをを使われていることがほとんどです。

しかも子供から大人も大好きな寿司ネタである、サーモンや赤身、マグロなどについては基本的に冷凍のネタで常温解凍をしているものばかりです。

そして、このネタ1枚当たりの原価ですが、サーモンで7円~9円ほどで、赤身でも冷凍物は同様なんです。

ということは、仮に1580円で食べ放題のお店で、あの数十グラムのシャリとネタを食べ続けるには、何貫食べれば良いか想像がつきますね。

では、効率よく元を取るように食べる方法としては、原価が高いものを狙わなければならないわけですが、寿司ネタは基本的に「店内調理」という触れ込みとなっている商品で、形がチグハグな商品を選びましょう。

例えば本日仕入!びんちょうマグロなどのネタであれば、間違いなく原価が高いですし、形に色んな種類があるというのは実際に寿司ネタを店内でカットしているからです。

マニュアルでは、どの材料からどれぐらいにカットしてくださいということで、原価コントロールしているお店が多いのですが、ほとんどのお店で出来ていませんし、素人目に「あれ?ネタの大きさが違うような・・」ということは良くありますよね。

そんなネタをガンガン食べていきましょう。

特にマグロ系などの切り身については原価が高めで、元が取れる近道ですし、イクラなんかも着色のイクラであっても実は原価は高めです。

 

Sponsored Link

 

食べ放題で元を取るには、スイーツを狙わないといけない理由とは?

さて、食べ放題の後の最後のご褒美は、デザートコーナーでスイーツをほおばる事ですが、何故スイーツを狙わないといけないのでしょうか。

食べ放題用のスイーツっておいしくなさそうとか、安いようなイメージを持たれている人も多いのですが、意外と原価が高く、このスイーツ攻めでも元が取れる近道なんです。

できれば避けて頂きたい食材は、カットされている商品です。

例えばオレンジやキゥイ、リンゴなどのカット食材は無視していきましょう!1玉100円ぐらいのものが10カットしてあると、1カット僅か10円ですから、食べても元が取れる訳がありません。

ここで狙うのは、三角形の形をしたケーキですね!というのもケーキは店内では製造せずに工場製造のものがほとんどなのですが、生産ラインで製造されていますから、きっちりと製造工場での原価がのっています!

そして気になるその原価なのですが、スポンジメインのケーキであれば、1ピース大体50円~70円くらいで、チョコケーキのように少し手が込んであるタイプのケーキは100円近くするんです。

これ、心理的なものなんですけど、寿司や焼肉、しゃぶしゃぶの食べ放題に来た人がケーキを何十個も初めから食べませんよね。

そこがお店が考えていることなんですが、これで元が取れるようになっているんですね。

普通に大量に食べない食材には意外と原価がかかっていて、みんながドンドン食べる食材には意外と原価は安く抑えられています。

皆さん、週末は食べ放題で元が取れる様に食べていきましょうね!

 - 気になる時事ネタ