キプロス共和国のおすすめ観光地と治安は?評判や口コミのまとめ!

   

Pocket

皆様、キプロス共和国というのはご存知でしょうか?知らなくて当たり前の国なのですが、一体どのような国なのでしょうか。

キプロス共和国は、通称キプロスと呼ばれ、分断された国家なのですが、北キプロス、南キプロスというようにわかれているようなのですが、公用語はギリシア語でイギリス連邦加盟国のようです。

なぜ、イギリス連邦に加盟しているのに、ギリシア語なのかわかりませんが、分かりやすく説明をしますと国の北側と南側に国家があってそれぞれが独立をしており、今でも表面上は何もないような感じですが、実は北キプロスに先に入国をしたら、南キプロスには入国が許されないと、中ではバチバチの関係のようですね(笑)

そんなキプロス共和国に行きたいと言う人が意外と多いようなので、少しまとめてみることにしました!

 

Sponsored Link

 

キプロス共和国のおすすめ観光地はどこ?

まずキプロスへいくのであれば、南キプロスの方が世界遺産なども多いので、こちらへと入国したほうが良いでしょうね!

まずは世界遺産のキロキティアは是非行かれた方が良いようですね、まずは世界遺産ということが挙げられますが、9000年前の農耕民族が暮らしていたというのが、ロマンですよね(笑)

9000年前なんて、人類があったのかと思いますが、このような建物があるということは、確かに人類は存在したのでしょうね!

キプロス南部の海岸線近くの山麓に流れる川近くに、9000年前・新石器時代の農耕民族が暮らしていた集落の遺跡が発見された。直径2m~10mの丸い基礎を持つ住居の跡が多く残されていて、壁は日干し煉瓦を積み上げ、さらに塗装もされていたことが分かっている。なかなか高度な文化を持っていたらしい。

 

キプロス共和国

 

キプロス共和国の治安は?危険な場所なのか・・・

キプロス共和国は、分断をされた町で今でも紛争地区はありますが、北と南は行き来できますし、少し変わった国と言えばそうなのですが、治安は以外にも良く観光客が普通に行き来をしている町なので、安心ではないでしょうか?

ちなみに、北キプロスではパスポートをなくしたりすると大変なようですね(笑)

というのも世界中で、トルコしかその存在を認めていませんから、国としては少々成り立っていないんですよね。

危険な場所こそないものの、持ち物の紛失には注意が必要ですね!

A24 地球の歩き方 ギリシアとエーゲ海の島々&キプロス 2017〜2018 [ 地球の歩き方編集室 ]

 

Sponsored Link

 

キプロス共和国の評判やネットの口コミまとめ!

色々とキプロス共和国に行かれた人がいるようで、意外だったのですが、日本から行くと、とんでもない時間もかかりますし、何より時差なども発生しますから、とても体力的には辛い旅行になると思うのですが、言った人の口コミや評判をみると上々のようですね。

特に、遺跡に行かれている人が多いので、昔の建物を見て神秘的な気持ちになる人にはもってこいかもしれませんね(笑)

以下色々なご意見があるようで、参考までにご覧ください!私は1人1人感じ方が違うので、行ってみないとなんとも言えないと思いますけど(笑)

地中海東端の小さな島国キプロス(四国の半分程度の面積だそうです)
どうもあまり馴染みのない国で、かつて地球の歩き方の“エーゲ海・キプロス”というタイトルを見て??と思ったほどでした。

しかし調べると、いわくヨーロッパ人に人気の美しいビーチが点在、11月でも泳げる、1年のうち360日は晴れ、ヨーロッパとアラブの文化が融合する不思議な雰囲気等々。
何となく興味を持ったキプロスに行ってみる事にしました。

あちこち移動するのも面倒なので、ラルナカとアヤナパに3泊づつ、それぞれの場所とその近郊だけに的を絞って、ゆっくりビーチと観光を楽しみました。

滞在中はやはりずっと晴れ、気温も30度を越えてまさに夏! 噂通りの奇麗なビーチを堪能した1週間となりました。

なんとも、そんなに泊まり込みでいけるのは羨ましいですよね、海外旅行=お金持ちと思っているのは私だけでしょうかね(笑)

キプロスは、気温も湿度も高く、日差しも厳しいので対策が必要です。

夏場はかなり日差しが強いと言う方もいらっしゃるため、やはり日本でサングラスや日焼け止めを購入し持参した方がよいかもしれませんね。

今回、expediaで購入した諸税込み66,130円の格安チケット。
往路は羽田→ドーハ→ラルナカですが、復路は、ラルナカ→ドーハ→仁川→成田。レンタカー壊したり、飛行機乗り遅れたり、トラブル続きの旅になりました。

他には、飛行機トラブルなどもあったりするようですが、なんと破格のチケット購入もできるようで、もしかするとこのレベルであれば、学生さんでも卒業旅行にいけそうなレベルですよね!

 - 気になる時事ネタ