台湾ポンフー島の行き方やツアー旅行の評判は…海のオーロラとは?

   

Pocket

7/29の世界ふしぎ発見では、あの台湾はポンフー島で世界一周旅行を楽しめる?!ということで色々な観光スポットが取り上げられるようですが、台湾のポンフー島にはトルコのカッパドキアがあったり、ウユニ塩湖、そしてあのイタリアにある青の洞窟も台湾のポンフー島にはあるんだとか!

イイですね、台湾に行けば世界各国にある貴重な遺産を楽しめるという事であれば、わざわざ世界中のあちこちの国に行かなくても済みますし、とくに台湾は親日国家としても有名で、例えばトルコほど治安も悪くありませんし、イタリアほどスリなどの被害にあう事は少ないでしょうしね。

ただ気になるのは台湾ポンフー島への個人での行き方やツアー旅行で行った方が得なのかなど、気になることが皆さん多いと思いますので、少しお話をしようと思います。

ちなみに私は、ポンフー島もそうですが、こちらにも行って見たいと思いましたね!ほかの国とは一切の断交をしていたと聞きますが、今では旅行者への間口を設けているようですね→ムスタン王国とはどんな国?行き方やNHKでのやらせ疑惑とは…

 

Sponsored Link

 

台湾ポンフー島への行き方とは?

ポンフー島は台湾ですから、まずは自身の最寄りの飛行場より、台湾への行ける飛行機を探さないといけないと思いますが、ローカル線には台湾就航が少ないと思いますから、関西空港や羽田、成田、福岡空港からの便を探すと、本数も多いかもしれませんね。

そして、台湾へ到着したら、ポンフー島へは空路で行く方法もありますので、乗り換えが一番楽な方法だと思いますが、高雄などから船で行く方法もあります。

私なら海外で船に乗ることが少ないと思うので船のルートを選択するかもしれませんね、台湾の海は綺麗ですし、何よりお安いでしょうしね!

ちなみに、ポンフー島の空港の名前はマーゴン空港と言いますので、飛行機で向かわれる方は、要チェックですね!

そして、ポンフー島についたらタクシーなどでの移動が主流でしょうから、思い切って乗り込みましょう!中には古いタクシーなどはメーターがないものもあるので注意が必要ですが、最近は比較的メーターがついたタクシーが増えましたね。

写真にあるように海は本当にオーロラですよ(笑)

 

ポンフー島

 

台湾ポンフー島の観光地としての評判や口コミのまとめ!

これだけ、台湾のハワイとまで言われていると、さすがにハードルもあがりますから、意外とポンフー島に行ってみたのはいいものの。ハワイほどでは無かったと言われるのは残念なので、どうせこのような観光地に行くときには、言った人のご意見・ご感想をうかがいたいものですよね。

させ、台湾ポンフー島に行かれた人の口コミなどやネットの評判を以下にのせてみました!

こんなに素晴らしいところとは思っていなかったので2泊しかしませんでしたがもっとゆっくりしたかったです。道は広く人は親切で
馬公の町は思っていたよりずっと大きくて
買い物にも食事にも困ることは何もありませんでした。台湾の言葉が全くわからないにもかかわらずたまに片言の日本語を喋る方が
いらっしゃって親切に助けていただきました。英語もあまり通じません。離島を船で回ると尚素晴らしいと思います。バイクにも乗れたら良かったのに150ccの免許が無いのが
悔やまれます。柱状の玄武岩は景観が素晴らしいので必ず訪れた方が良いと思います。
町のハンコ屋さんで格安で印鑑を作ってくれます。この次はもっとゆっくりしたいと思います。

2泊では物足りないというご意見があるようですから、長期休暇が取れる方は3泊以上された方が良いかもしれませんね、台湾はさすが親日国、日本語も話せる方もチラホラいるんだとか!これなら私もポンフー島には行きたくなりますね!

近い島に行こうと候補に挙がったのは、韓国のチェジュ島、沖縄そしてこちらでした。
台北から島の空港につき、一度チェックインしようとタクシーに乗ったところ本土(台湾)よりも断然と高い事に驚きました。
またシーズンオフの為、海も暗く見え、植物もドライな気候からかあまりなく味気なく見えました。
島の人々はとても温かく、親切なのですが、一日中風が強い‼︎
原付のバイクを2人乗りしていて、横に浮く事のあるくらいの強風でした。
空港のある地域から北部まで行く計画でしたが、強風と小雨の為断念し、博物館に行く事に。。
夏以外は人も居ないようで、車で行動出来なければやる事の限られる滞在になりました。
シーズンオフはオススメ出来ません。

冬に行かれた方もいらっしゃるようですが、台湾本土よりタクシー代が高いようで、風も強いとのことですね、やはり夏を感じることができるシーズンがおすすめなのでしょうね!

澎湖列島の一つで、船でしか行けませんが真っ白い砂浜、コバルトブルーの海、紺碧の空とまさに南海の楽園といった感じです。
島内はほぼ平坦で一周約13kmしかないため、半日コースで周遊ツアーにでも参加すれば充分観光できます。
船着場を出ると、レンタルバイク業者が数社あり、バイクも数百台レベルで待ち構えています。
そこを通り過ぎて観光地めぐりをしようとした時に気付きます。誰も徒歩で廻っている人はいない事に(笑)!あわてて港に戻り、バイクを借りましたが免許証など確認せずに現金を払うとすぐに貸してくれます。
基本的にはバイクでの移動しか出来ない島の様です。(公共の交通機関はなさそうです)
この島は現地の純愛ドラマの舞台になった有名な場所があったらしく、探しましたが今はもう取り壊された後でした。
それでもまだあまり観光地として荒らされていない自然や透明度の高い海は感動モノです!

そして何より驚いたのは、なんとレンタルバイクでポンフーを堪能できるそうですね、免許の確認無く借りられるようですが、これは2人乗りなどはOKんあのでしょうか?詳細は不明なのですが、カップル2人のりでポンフー島をまわれるなら、交通費の節約にもなりますよね!

 

Sponsored Link

 

台湾ポンフー島おすすめの観光地はどこ?

吉貝沙尾というポンフーの旅客センターから20分から30分のところに、サンゴと貝殻で出来たビーチがあります。

海はとんでもなく綺麗でしかも嬉しいのは、本当に人が少ないところなので、ゆっくりと海を楽しめますし、ここでは絶対写真を1枚とっておきたいところですね。

そして、有名な日の出スポットとして菓葉日出が超穴場スポットですので、ここもおさえておきたいところですね。

あとはポンフー島で有名なお寺、大義宮はお寺の中に竜宮城があり、そして私の好きな三国志で有名なあの蜀の関羽が祭られていると聞いていますので、三国志好きは是非訪れてほしいポイントですね。

外観については日本のお寺のように落ち着いた感じでは無く非常に派手な感じです(笑)

気になる方は是非一度ポンフー島に行かれてみてくださいね!

台湾書籍 新品 台湾の美味しい食べ物を紹介する漫画「出走吧 首發站 臺灣 澎湖群島」(台湾雑貨)

 - 気になる時事ネタ