竹中絢音の握力は何キロ…筋肉画像と効果的なトレーニング方法は?

   

Pocket

しゃべくり&深イイ話の合体スペシャルに、あの竹中絢音さんが出演をされるようなのですが、あんな童顔でかわいい方が、アームレスリングをしているのか、本当に驚きですよね。

ちなみに、この方も出演をされていますので、是非ご注目ください→岡部友が使うゴムバンドの購入方法…すじやくびれの作り方は?

特に驚くべきは、国内で強いのではなく世界王者というあたりが、尊敬できますよね、どのスポーツも成熟期がありますから、だいたい20歳代半ばあたりで世界大会で優勝をしたり、野球選手ならタイトルを獲得したりというケースが多いのですが、最近は10代でも世界でしっかりと成績を残される方も増えてきており、尊敬の念しかありませんね。

同じ年齢の時に、世界大会とか世界に目を向けて練習していたことなんてありませんでしたし、今考えると、せめて世界大会までとはいかなくとも、もう少し真面目に練習をしていけば良かったと、後悔していますね(笑)

今回、アームレスリングでご活躍の竹中絢音さん、そのかわいい表情もさることながら、やはり注目はアームレスリングに関わることだと思うのですが、竹中絢音さんの握力や筋力トレーニングの仕方など少し考察していこうと思います。

 

Sponsored Link

 

竹中絢音の握力はどれぐらいなのか?

あのオリンピックでも金メダルを獲得されたことのある室伏広治さんの握力は、120キロを超えると言うとんでもない握力なのですが、竹中絢音さんの握力はどのくらいでしょうか?

パワー系のスポーツですから、アームレスリングは正直握力が相当必要だと言うのが、素人目な感想なのですが、実はそんなことはありません。

アームレスリングを強くなるには握力を鍛えるというのは、ちょっとずれていますね、握力40キロの人でも60キロの人に簡単に勝ててしまいますからね(笑)

さて、アームレスラーの竹中絢音さん、気になる握力ですがどうも右手が52キロで左手が48キロということで、同世代の女性の握力の

およそ1.5倍~1.8倍ほどでしょうかね、男性レベルの握力をお持ちという事になりますね。

 

竹中絢音

 

竹中絢音の筋肉画像と彼氏はいるのか…

竹中絢音さんの筋肉画像を少しのせましたが、凄い腕つきですよね。

上腕も前腕もかなり鍛えられていた証拠だと思うのですが、私は健康的な感じがして好きですけどね(笑)体ががっちりした女性のほうこそ、実は浜口京子さんのようにかわいいところがあったりしますからね。

浜口京子のぶりっこ癖が変わってるけどかわいいのは何故?実はあのS君のせい

そんな竹中絢音さんですが、思春期という事もアリ、彼氏などがいてもおかしくない年齢なのですが、竹中絢音さんのお父さんは少し、強面の顔つきなので、彼氏さんがいたとしたら凄く緊張されているでしょうね(笑)

現在は協議に没頭をされているのか、全く彼氏の影はないようですが、これからが楽しみですね!かわいい子にはかっこいい人が必ず近づいてきますから(笑)

 

Sponsored Link

 

竹中絢音のようにアームが強くなるトレーニング方法は?

アームレスリングが強くなるには、実はムキムキのマッチョになればいいのではなく、技術的なウェイトの方が実は多いんですね。

ですから先ほどの握力が弱い人でも、握力が強い人に勝てるというところなのですが、アームレスリングを強くなるにはいくつかポイントがあるのですが、それはまず、引く力が強くないといけないということですよね。

IROTEC(アイロテック)ラバーダンベル 40kgセット/ダンベル・バーベル・ベンチプレス・トレーニングマシン・トレーニング器具・ 筋トレ・健康器具

倒す力では無く、自分の方から胸にかけて相手の腕を引っ張り込む力がまずは重要で、そしてリストが強靭であることも重要なのですが、このポイントが強くなれば、アームレスリングで好成績が残せるでしょうね。

そして、重要なのは相手の力を入れにくい状態にもっていくことが重要で、トップロールという技があります。

いわゆる支点・力点・作用点を上手く利用したてこで、相手に力を出させず勝つ方法なのですが、参考までに、アームレスリングの動画を少しご覧いただくとわかると思います。

この動画を見るとわかりやすいのですが、青い服を着た人はアームレスラーですが、筋骨隆々の白い服の人は全く歯が立っていませんよね。

これはまさにトップロールを駆使して闘っていますね。

また、腕を巻き込むことで相手を倒す方法もありますが、これはかみ手と言って、フックとも呼ばれていますがリストが強い人はとても有効ですね。

明日からクラスの人気者になりたければ、番組はしっかり見ておいた方が良いでしょうね!

 - 気になる時事ネタ