三菱電機で残業隠蔽?隠蔽体質三菱は何故残業単価も安かったのか

   


またこの会社なのか・・・と思ってしまいますが旧財閥の三菱グループが今度は残業を隠蔽していたことが発覚。

ちなみに、旧財閥グループとかご存知でしたか?まずは三井財閥というのがあります。そして住友財閥に加え、今回不祥事でまだ世間を賑やかにしてしまった企業が、三井財閥です。あとは安田なんかも財閥でしたかね

またこれらの旧財閥についてですが、1社1社がとにかく大企業ですから、どこかの会社と一緒になって出資をして大きくなったのではなく(今は違いますが)基本的には独占的な、単独での莫大な出資があり、その資本を中心に経営がなされてきた企業、経営をする形態なんです。

要するにですよ、1900年代前半ぐらいに使われていた一種の造語のようなものであって、一部の大富豪を指すための呼称だったようなものなんです。

そこで、今日は三菱の今回の残業の隠蔽や、隠蔽をした指示された社員の方など、具体的に見ていこうと思います。

 

Sponsored Link

 

なぜ残業を隠蔽、改ざんなどしなければならなかったのか?

ということなんですが、社会人として働かれている方なら、わかると思いますが、まず絶対的な理由としては「仕事が終わらないから」ですよね。

例えば上司が、帰る前になってこれやっといてくれって「ドーン」とデスクの上に資料を持ってくることや、これはあまりにも露骨なので、メールでサッと送られてきた宿題の期限が、何故か本日までに提出だとか・・・。

これはサラリーマンあるあるですよねー、まぁお決まりの最後はYESで、ファイナルアンサー(笑)。

結局やらないといけない羽目になるわけなんですが、そもそも残業はオフィシャルで認められているわけです。

オフィシャルというと変な解釈ですが、法律上残業というのは問題なくて、残業した時間に対して使用者は労働者に対して割増しの残業代を払うことで問題が無いのですが、この残業代をケチる会社も実は、多いんですよね。

大企業になればなるほど、1社何万人というような企業もありますから、私が勤める何百人規模の残業代とは大違いですもんね。

残業隠蔽は、やはり電通の事件もありメディアも敏感ですから、ここを意識してでしょうし、改ざんをしなければならないのは、利益を圧迫する残業費は極力払いたくなかったからでしょう。

 

三菱自動車 三菱電機 三菱東京UFJ

 

隠蔽体質の三菱グループの過去の不祥事とは?

まず三菱グループの不祥事その1ですが、2000年に三菱自動車において、普通だったら間違いなくリコールに繋がるような大問題を20年にわたり隠していたことが発覚しています。

赤ちゃんが成人を迎えるまで隠していたわけですから、その体質には呆れて何も言えません。

そして、その2年後の2002年ですが、大型トラックのタイヤが外れるというような事故を起こしていますが、先日も栃木県だったかドリフトイベントで車のタイヤが取れて観覧者の方にタイヤがあたって、とても大変なことになっていましたよね。

それが大型のトラックなわけですから、もう想像がつきますよね。

そして記憶に新しい、軽自動車及び普通自動車における燃費記録の改ざんという不正問題で、三菱とタッグを組んでいた日産もひどく打撃を受けてしまい、ゴーン社長が三菱再建に乗り出すほどでしたよね。

歴史がある会社ですが、ここの所は隠避や改ざんといった悪しき体質が露呈されている状況が続いていますね。

今回は月の労働時間を40時間以内で記録するよう上司に言われ、精神的につらくなり、体調を崩されているようですね。本当にかわいそうです。

 

Sponsored Link

 

残業代は払ってもらえても、残業単価が気になる・・・

これは、三菱に限らず残業の単価って意外と知らない人が多いんですよね。

残業単価の計算方法ってご存知でしたか?

残業代は、いつももらっていますよ!けど、実際はいくらなんだろうという人は、この公式に当てはめて計算をしてみて下さい。

 

残業単価=一カ月当たりの所定労働時間/基本給+各種手当(※住宅手当など)×割増率

 

というのを使用してください。

で、注意があるのですが、各種手当を加算せずに計算をしてしまったり、所定労働時間を根拠なく180時間や200時間と適当に設定したり、そもそも割増率が違うという人もいますからご注意を。

にしても、隠蔽体質っていやですよね。仲の良い友達にもこんな人がいたら嫌だななんて思いますね~

 - 気になる時事ネタ