宇多田ヒカルの離婚理由とは…イタリアと日本の生活習慣の違い他

   

Pocket

あの歌手としてご活躍の宇多田ヒカルさんが、何と離婚されていたと報じられていますよね、宇多田ヒカルさんは8歳年下のイタリア人男性とご結婚をされていたわけですが、どうやら日本よりも先に、イタリアでは離婚の情報が広まりつつあるようですね。

結婚も離婚も経験が私はありませんが、宇多田ヒカルさんは最近、小袋成彬さんをプロデュースするなど、本当にお忙しくされている中での出来事ですから、一体ご本人に何があったのか非常に気になるところではありますが、今日は宇多田ヒカルさんの離婚の理由や、離婚された方はイタリア人男性という事でしたから、イタリアと日本の異なる生活習慣などについても、少しとりあげていこうと思います。

水野真紀 入学する大学はどこ?文学部教育学科のある女子大とは

ちなみに、離婚危機を乗り越えられ、今や女子大生になろうとされている水野真紀さんの記事については、以前まとめていますので、よろしければどうぞご覧ください。

 

Sponsored Link

 

宇多田ヒカル イタリア人男性との離婚の理由とは…

芸能人の方は、結婚や離婚、多くの方が経験していると思いますが、今回宇多田ヒカルさんは離婚をされているようであれば、2回目ということになるのですが、離婚理由とは一体何なのでしょうか?

1回目の結婚は、2002年に紀里谷和明さんとされていますが、そのときの離婚理由は、宇多田ヒカルさんは最後まで相手に甘えることができなかったと、一緒にいながらも、色々なことで孤立をお互いがしていたと思われるような発言をされているようですね。

ULTRA BLUE [ 宇多田ヒカル ]

また、非常に宇多田ヒカルさんも当時は若かったですし、元旦那の紀里谷和明さんも未熟であったということでしょうね。

ちなみにイタリア人男性との離婚理由については、もしかするとイタリアと日本の文化の違いが、私はあるのではないかと思いますね、ですので、その辺りも調べることにしました。

 

宇多田ヒカル 離婚理由

 

宇多田ヒカルの離婚したイタリア人男性の名前や画像とは…

宇多田ヒカルさんと離婚をされたとされるイタリア人男性ですが、お名前はフランチェスコカリアーノさんと言われるようですね、当時ご結婚されたのは23歳ということですから、まさに旦那さんにとっては、玉の輿だったのではないでしょうか。

というのも、フランチェスコカリアーノさんは、ホテルで働かれていたようで、宇多田ヒカルさんのように、イタリアで歌手活動をされているとか、そのような経歴を持ち合わせる人では無かったようです。

Fantome [ 宇多田ヒカル ]

ですから、恐らく主夫として、宇多田ヒカルさんを支えていたのかもしれませんよね、さて画像はこちらです。

フランチェスコカリアーノ

 

やはり、イタリア人という感じの顔立ちですね、鼻筋もとおっていますし、一般の方なのですが、面影はイタリアのモデルと言ってもわからないでしょうね(笑)次に、イタリアと日本の文化の違いを取り上げて行きたいと思います。

 

Sponsored Link

 

宇多田ヒカルの離婚理由は生活習慣の違い?

性格の不一致だとか、離婚の理由は色々とあると思いますが、根本的に日本の女性とイタリア人の男性ということは育ってきた環境も違いますし、日本では当たり前の生活も、そうでない場合があります。

現在は宇多田ヒカルさんはロンドンを拠点にされていますが、ロンドンでもまた文化の違いや生活習慣のちがいもあることでしょう。

では、少し生活習慣の違いがあるのか、調べたところ、夫婦生活に影響を及ぼす可能性のあるような生活習慣の違いは見受けられませんでしたが、どうも細かな所では日本とは違うようです。

Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2(2CD) [ UTADA HIKARU ]

まずはパスタは音を立てて食べてはダメなようですね、そして、食べる時にはスプーンも使用しないですし、朝食などはあまり食べる文化はないようで、コーヒーはほとんどの人がエスプレッソのようです。

特に、イタリア南部ではシエスタのように昼寝時間があるようで、午後1時から5時頃までは、人の動きがなくなるような時間帯があるようですね(笑)これは羨ましいですね、私たち日本人のサラリーマンは、まさにこの時間はゴールデンタイムですから、ここでいかに働くかというところがありますから、イタリアは羨ましいですよね。

また電車の時間もルーズで、日本との違いは明らかでしたね、もしかすると日本の生活のレベルに旦那さんの、フランチェスコカリアーノさんは中々ついてくるのが難しかったことも考えられますよね。

今後、宇多田ヒカルさんご本人の口から、語られると思われますが、拠点もロンドンからまた移されるのでしょうか?ただ、今回の離婚は色々とハードルもありそうですよね、子供を日本に連れて帰れるのかですよね、ジュネーブ条約などもあるでしょうからね。

 - 気になる時事ネタ