ロナウジーニョが現役復帰!群馬で全盛期並みのドリブルを披露

   


現在失踪中か?とまで報道をされた、元FCバルセロナのロナウジーニョ選手が、なんと先日多くの人を犠牲にした飛行機墜落事故を受け、シャペコエンセで現役復帰すると各紙が報じています!

これ、ビックニュースじゃありませんか?というのもわたくし、野球も好きなんですがちょうどこの時期というか、FCバルセロナでバリバリやっていた頃に、ウイニングイレブンというゲームにはまっていまして(笑)、かなりお世話になったんです。

勿論、この頃のロナウジーニョ選手は正直神業プレー連発ですし、そうですねー、今で言うとメッシ選手みたいな感じですよ。

もう誰も止められませんし、ほんと高校生が小学校の低学年、いやそれは言いすぎかなー、高学年ぐらいの子とサッカーをやっているような感じでしたよ。

でも、今の人たちってあまり知りませんよね?ってことでロナウジーニョ選手のことと、今話題のシャペコエンセでの現役復帰について、しっかりと語りますよー。

 

Sponsored Link

 

いやいや、ロナウジーニョ選手って誰よ?!

まずロナウジーニョ選手の本名なんですが、ロナウド・デ・アシス・モレイラという名前で、愛称はガウショやロニー、わたしはこれが好きなんですが、ファンタジスタと呼ばれています。

確か横浜マリノスの中村俊輔選手も、ファンタジスタって呼ばれてませんでしたっけ?

さてさて、現在ロナウジーニョ選手は36歳、現役を退いてからあまり体型が変わっていなければ良いですが、身長182cm体重80kgほどの、スポーツ選手では大きくも、小さくもない体つきかと思います。

そして、ブラジルのグレミオというクラブからプロキャリアがスタートし、その後パリサンジェルマンそして、スペインのバルセロナ、現在本田圭佑選手のいるイタリアのミラン、そしてその後はブラジルへと戻り、フラメンゴ、アトレチコ・ミネイロ、そしてメキシコのケレタロ、またブラジルへ戻りフルミネンセでプレーをしていました。

ブラジル代表でも通産100試合以上出場し、40ゴール以上を記録するなど、とにかくファンタジスタだったんです。

 

ファンタジスタ ロナウド ロナウジーニョ

 

何が凄いのか・・・唯一無二のプレースタイルとは?

当時の欧州のサッカー界においては、やはりライバルが非常に多く、バロンドールを同じ人が複数回とれるなんてことはそうそうありませんでした。

現在は、C・ロナウドやメッシが毎年どっちなんだろ今年は?状態なのですが、あの頃を思い出してみると、確かあの頭突きでより有名になったジダン選手をはじめ、リバウド選手、そして私結構好きなんですが、フィーゴ選手!そしてちょろっとあとに出てきたのがロナウジーニョ選手だったのですが、もうそれはそれは、ひしめき合っていたんです。

マルディーニなんかもDFだったので目立ちませんでしたが元イタリア代表、キャプテンで個人的には鉄壁の守備は見る者を魅了したしたねー。

何が凄いのか、これは類い稀なるサッカーセンスが生み出す、上質のボールさばき、そしてゴールを取ることへの執念。

ここが本当に凄いですよね、あのメッシでさえロナウジーニョはスターだというわけですから、当時全くダメダメだったバルセロナを常勝軍団にしたのは、あのキレキレのプレーがあったからこそなんです。

ジダンもそうだし、あの頃人気絶頂のベッカムにだってあんな魔法は絶対にかけられなかったですね。

 

Sponsored Link

 

現役復帰し、新チームへと合流はいつ頃なのか?えっ群馬でプレー

まず新チームへと合流する場合、恐らくほぼ引退状態というか、プレーができていない選手に対してはメディカルチェックが入るんじゃないかなと思います。

以前、ガセ怪我情報により、チームから隔離されていたことが過去にある同選手ですが、長いシーズンの中で年間全く動けないシーズンは無かった選手ですから問題なく、現役には復帰できるんじゃないかと、私は踏んでいます。

ただ、やはり年齢からくる体力不足や、やはり俊敏性、フィジカルバランスなどは少し不安なところもありますから、まずは合流よりも少し体づくりに専念をしたほうが良いでしょうね。

となると、現実的になるのであれば、早ければ来年の春から初夏ぐらいのタイミングではないかな?と考えますが、スター選手故、金銭的な問題は解決できるのだろうかと、わたしは思っていたんですが、ブラジル国内の他チームは非常に優しいですよね、貸し付けなんかもしてくれたりしてるみたいです。

優勝を譲る!そんなチームもあるらしく、わたし泣けてきました。

そしてそんなロナウジーニョ選手が、群馬県の前橋にくるーってなことでホリエモンもどうもくるらしく、正直私行きたいと思ってたんですが、チケット絶対に獲れないなと。いうことでスポーツニュースを見逃さないようにすることにしました(笑)。だって寒いですもん。

でもほんと、スポーツってやはりいいもんですね。

 - 気になる時事ネタ