和牛川西・水田は料理が得意?彼女もハンバーグに感動

   


M-1グランプリ2016では、残念なことに銀シャリにかわされて、2位となった和牛の川西、水田の2人ですが、今回かなり頑張りましたし、何よりネタが非常に秀逸で、予選9位で敗者復活へとまわり、なんと敗者復活で勝ち残り、見事に本線へまわってきました!

そして、何より銀シャリと肉薄のネタ合戦を披露し、今回惜しくも僅差で負けてしまいましたが、そんな和牛のネタが好きだという皆様に少し、和牛について触れていきたいと思います。

今回のネタでは、やはり夜店で射的をする迷彩のくだりが好きでしたね(笑)。

 

Sponsored Link

 

和牛の出身、年齢、経歴、所属事務所は?

まず和牛とは男2人組みのお笑いコンビなのですが、ボケ担当の水田信二が愛媛県は伊予市出身で、一方のツッコミの川西賢志朗は大阪府東大阪市出身です。

水田信二は80年生まれですから、ちょうど35歳、36歳くらいでしょうか、そして川西賢志朗は84年生まれなので、32歳とか33歳くらいだと思います!

そして経歴についてなんですが、2006年8月に結成をし、今年で実に10年目の節目の年でしたので、M-1には相当気合いいれてたんじゃないかなと、私は思ってるんですが、ほんと惜しかったですよねー(笑)。

また言わずと知れた、所属事務所はよしもとクリエイティブエージェンシーです。

2015年はM-1は6位でしたから、2016年は決勝進出、2017年は乞うご期待ですね!

 

M-1 和牛 川西 水田 料理

 

和牛、水田の料理の腕前はプロ級?芸人絶賛のハンバーグとは

どうも、この和牛の水田信二さんは料理の腕前がプロ級、いやもうプロレベルのようで、先輩芸人でもあるアホの坂田こと坂田利夫さんに料理をふるまったことがあるのですが、食通でもある坂田利夫さんが、かなり唸ったようです。

私も料理が凄く好きなんですが、ハンバーグって簡単そうで難しいんですよねー。

練りこみかたも勿論なんですが、やはり中の空気をしっかり抜くために、手のひらでお肉を叩くというかキャッチボールする感じで空気を抜かないといけないのですが、これが難しいんです。恐らく水田さんは洋食店で仕事をしていたようなのですが、有名な洋食店だったのでしょうね、恐らくこの仕込みの部分が完璧だからこそ、おいしいハンバーグが焼けるんでしょうね。

ちなみに水田さん、一部の方から「お店を出さないか?」と言われるほどの腕前なので、多分本物です。

 

Sponsored Link

 

和牛の水田、川西の恋愛事情は?

どうも、川西さんについては、ここ最近良いお話は無いようで、高校時代には付き合っていた彼女がいたようです(笑)。

何より、その当時中学生だった彼女を、同じ高校に入学するように言って、尚且つ、同じ部活のマネージャーにしてしまうほどの、執着心というか、あの頃独特の独占欲があったようで、若いって素晴らしいですね。

私は彼女はいませんでしたが(笑)。

そして水田さんについては、彼女はいないようなのですが、この人料理が得意なわけでしょ?これならいち早く女の子の胃袋掴みますから、ネタよし、料理良しなら、おそらく早いうちに、できるでしょうねー。

今後の2人の活躍に、目が離せません!

 

 

 - 気になる時事ネタ