アンドレザジャイアントパンダ 中身の正体とは誰?試合動画他

      2018/09/03

Pocket

8/26(日)の行列のできる法律相談所ですが、あのアンドレザジャイアントパンダさんが出演をなさるんだそうですが、今回は24時間テレビの放送直後とあって、大人も子供も見るでしょうから、番組内に出演させるのは、視聴率も狙ったのでしょうかね(笑)

しかも今人気再燃のDAPUMPとの共演とのことですから、どのようなコラボレーションをするのか楽しみですよね、さて、今日はアンドレザジャイアントパンダさんについて色々と調べて行きたいのですが、今までは覆面レスラーは多くいたわけですが、このアンドレザジャイアントパンダさんは、覆面どころか、着ぐるみに身を包んだ現役のレスラーなのです。

佐々木正洋 アントニオ猪木への失言内容とは?フリー転身の理由他

アントニオ猪木が湾岸戦争で人質を解放?救出した驚きの方法とは

私も小さな頃からプロレスに親しんでいたので、覆面レスラーも正統派レスラーも、日本のプロレスには欠かせない存在というのは分かっているのですが、この着ぐるみでのプロレスは本当にキツイでしょうね、体一つでプロレスをしている人を見て頂くとわかりますが、凄い汗でしょう(笑)時間無制限1本勝負なんてことになれば、着ぐるみを着ているアンドレザジャイアントパンダさんも、もうたまったものではないでしょうね。

今日はアンドレザジャイアントパンダさんの中身は…正体は誰なのか?ということや試合動画などについてもご紹介しておきたいと思います!

 

Sponsored Link

 

アンドレザジャイアントパンダ 中身の正体とは一体誰?

アンドレザジャイアントパンダさんですが、一体中身の正体とは誰なのでしょうか?

本名はやはりパンダに寄せているのですが、新新(しんしん)と言い、もしかすると中身の人に、新というような漢字があることから、しんしんとしているのでしょうかね。

そして出身地は中国ということで、これもあからさまに、パンダ寄せしていますよね、いちようプロレスラーとしての設定なんだと思いますが、中身は日本語で意思疎通が取れるというところから、日本人レスラーが着ぐるみを着ているに間違いないでしょうね。

1回の査定で最大1,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】

ちなみに、アンドレザジャイアントパンダさんですが、子供がいるんだそうで、SNSでも以前赤ちゃんの名前を募集していましたね。

これは、中身の本人にも、本当に子供が出来たことを示唆しているようにも思えますが(笑)現時点では日本人レスラーが着ぐるみをきてプロレスをしていると推察いたします!

 

アンドレザジャイアントパンダ 中身

 

アンドレザジャイアントパンダ 試合の動画に得意技とは何?

これだけ大きなジャイアントパンダさんですが、プロフィールをみると3メートルという事で、本当にモデルとしたアンドレザジャイアントさんよりも遥かに大きいです。

 

 

動画を拝見しますと、2分40秒ぐらいで後ろを向いた時に、穴が開いているのを見つけたのですが、これは明らかに空気用の穴でしょうね、着ぐるみを着てプロレスをするのは大変つらいものと思われますが、何が辛いかというとそれは息をすることでしょう。

ですから、多くの穴が開いているのでしょうね(笑)これほど大きいジャイアントパンダさんですが、得意技を少し調べますと、アンドレザプレスと高速ヘッドバッドなんだそうで、これは明らかに身体の大きさを利用した技だと思いますね。

 

Sponsored Link

 

アンドレザジャイアントパンダの着ぐるみを製作した会社とはどこ?

アンドレザジャイアントパンダさんですが、プロレスにこのようなかわいい着ぐるみで出てくることに、本当のプロレスファンの方はどのように思われているのかわかりませんが、また小さな子供たちにプロレスに興味を持ってもらえるとしたら、これは良いことでしょうね。

特に、本気のプロレスではないですから(笑)少し興行な感じが強いのを活かせば、ある意味子供達にはちょっとした動物ショーにも見えなくはないですからね。

大人としてはプロレスを楽しみ、子供はショーを楽しみ、これは一挙両得のようにも思えます。

75301 ジャイアントパンダ ビニールモデル

さて、このアイデアを考えた人は本当に賢いと思いますが、一体どこでこの着ぐるみを製作されたのでしょうかね?2016年1月1日がジャイアントパンダ さんですの誕生日なんだそうですが、これは中国でこの着ぐるみが完成したことを指しているようで、着ぐるみは中国の会社が製作されたことが判明しました。

では、どこの会社なのかということですが、現在判明はしていないものの、プロレスについても理解があり、そして機能性なども考えた設計ができるということは決して適当な会社には発注はされていないことでしょう。

今後明らかになれば、このあたりはこちらに加筆していこうと思います。

 - 気になる時事ネタ