川上憲伸の引退後の活動は解説者?独立リーグでプレーする可能性は

   


川上憲伸選手と言えば、中日ドラゴンズの黄金期を支えた投手なのですが、その功績を以外とご存知ない人も多いのではないかと思います。

というのも、川上憲伸選手と言えば、現在の巨人軍の監督でもある、当時慶應義塾大学の高橋由伸選手とライバル関係にあり好勝負を何度も繰り広げておりました。

個人的な意見なんですが、明治大学の投手って、試合を組み立てることがうまい投手が多いような気がするんですよねー、反対に早稲田とか慶応って投手が良いイメージってないんですよねー、まぁプロ入り前までは意外と良いんですが、プロに入ってからは微妙な感じですよね。

大学の時には300奪三振以上奪い、ベストナインにも選ばれ、ドラフト1位で大学の先輩でもある星野仙一率いるドラゴンズに入団されましたよね。

 

Sponsored Link

 

川上憲伸と言えば、何が凄いのか?変化球、ストレート、フィールディング・・・

川上憲伸投手と言えば、私が思い浮かべるのは、やはりカットボールとスローカーブですかね。

海外にいた時には恐らくツーシーム系のボールも投げていたと思いますが、変化球のキレ味は半端じゃなかったですねー、特に、それらの切れ味良い変化球を使いながら、制球力が抜群に良かったことを覚えていますね。

川上憲伸投手が投げていた全盛期って、当時巨人在籍の上原浩治や東京ヤクルトの石川雅規なんかとしのぎを削って投げていたのですが、ファーボールやデッドボールの数は、2以下ということで、抜群だったわけです。

尚、ゴールデングラブ賞も受賞歴があるように、フィールディングはかなり良い投手です。

バッティングも良い投手なので、今で言うと前田健太投手のような感じだったと当時は記憶していますね!

 

川上憲伸

 

川上憲伸は引退後は解説者に?それとも指導者に?

川上憲伸投手は、引退後は解説者になるのでしょうか?それとも指導者として、子供などに野球を教えたり、全国を行脚するような活動をされるのか非常に楽しみなのですが、まぁ高校や大学、社会人の監督やコーチになるというのは、可能性低いような気がしますね。

恐らく、まずは経験をすぐにでも活かせる解説者でしょうねー、特に海外の経験もありますし、国内での実績もばっちり!何より、活躍ができなかったシーズンなども経験しているので、不遇の時代の過ごし方や乗り切り方を知っている解説者の人って上から目線じゃないので、信頼がおけますよね。

会社の上司なんかでも、何でもできるようなエリートサラリーマンより、どちらかと言うと叩き上げで情熱があるけど、ちょっとどこか抜けてる人の方が親しみやすいと思うんですよね。

是非、そんな愛情のある解説者をへて、指導者になっていただきたいですよね!

 

Sponsored Link

 

川上憲伸が独立リーグでプレーする可能性は?

きっぱりは言いたくないのですが、この線はないでしょうね!

というのも、元々肩の状態があがれば、というような条件で引退をしなかったのですが、その間にも独立リーグより声がかかっています!

ただ、本人はやはりNPBだったのか、独立リーグでのプレーは実現していません。

恐らく肩の回復は今後も難しいと思われることから、解説や指導に励んでいただきたいと私は思っています。

 

 - 気になる時事ネタ