阿部四郎のめちゃイケなスナックはどこにある!店名の由来は?

   


非常に残念なニュースが飛び込んできましたが、女子プロレスを盛り上げた極悪レフェリーこと阿部四郎さんが、逝かれてしまったようですね。

なんと原因は、肺炎だったとのことで、ここまで重篤な症状になるのは、やはり年齢からくるものだったのでしょうかね。

何でも、高齢者の方と言うのは、非常に免疫力も落ちているので、しょっとした風邪などの症状をこじらせてしまうと、他の病気も併発したり、体調が戻りにくいんだそうですね。

ちょうど、幼少期に自分の祖母も体調が少し悪いといって入院してから、咳喘息のようなものになって、かなり長期間入院をしていたのを覚えていますね。

阿部四郎さんも、まさか自分が最後にこんな形で、高速カウントを取られるとは思っていなかったでしょうね、まだ今の時代から考えると76歳と言うのは、非常にお若いですからね。

そんな阿部四郎さんのことについて、やはり10代や20代の人は、知る由もないでしょうが、どうせここに立ち寄られたのですから、明日会社の上司と話すネタでも良いので、少し知恵をつけていってください。

というのも40代より上の人、しかも男性の方の内5人に1人くらいは、熱狂的なプロレスファンがいますから!みんなジャイアント馬場とかアントニオ猪木とかでしょうけど、このレフェリーの高速カウントの話は、結構な時間、場が持ちますよ(笑)

ちなみにアントニオ猪木さんと言えば、こちらをご覧ください→アントニオ猪木が湾岸戦争で人質を解放?救出した驚きの方法とは

アントニオ猪木さんの話題は、恐らくプロレス界でも随一でしょうね。

 

Sponsored Link

 

阿部四郎の高速カウントのレフェリー動画からみる、悪徳さとは・・・

ちょっと見て見ますと、まぁせこい、ずるいなんて言葉が生ぬるいくらい、ヒールなレフェリーですよね。

しかも、何ともKYなカウントで、見るものを驚かせるそのテクニック!(笑)

特に、1分29秒あたり、ロープから戻ってきた選手を倒し、抑えた瞬間にすでに1カウント、なんとか相手選手も切り返すものの、ギリギリ3カウント手前、俗に言う2.8カウントみたいな感じでしょうか。

痛快無比!!プロレス取調室(ゴールデンタイム・スーパースタ) [ 玉袋筋太郎 ]

でもこの高速カウントなど、完全に試合を盛り上げるために、あえてヒールに徹したこの度胸、ほんと賞賛ですよね。

 

阿部四郎 高速カウント

阿部四郎のめちゃイケなスナックは東京の立川?にあるのか・・・

こんな悪徳レフェリーがやるお店、ちょっと怖い気もしますが、さすがに行って見たい気もし始めました。

というのも、ダンプ松本さんや、クラッシュギャルズなども、「頭が上がらない」と言われており、それほど人望が厚い人だったんだと思います。

ということは、東京の立川、江古田にあるスナックは言わずと知れためちゃめちゃイケてるお店に違いありませんね!

尚、今回にあたってダンプ松本さんはいち早くコメントが届いていましたが、ブル中野さんは、コメントを出されないのでしょうかね。

しくじり先生ブル中野とダンプ松本、何故ヒール?アジャコングの今

もしかして、ダイエットにまだ夢中になっているのかもしれませんが・・・。

 

Sponsored Link

 

阿部四郎の店名は「翠泉」その由来は?

どうも。江古田にあるスナックの名前は、翠泉というようなのですが、私ならスナック極悪同盟とか、スナック高速カウントみたいに、あっ、この店もしかしてと連想してもらえそうな、いかにもな名前にすると思いましたが、この店名、どのような意味があるんでしょうか。

ちなみに、この翠泉というものを調べて見ると、翠という文字は、歯の青々とした色を指しており、泉はもちろんの事、水の湧き出る様子でいうのは想像つきますよね。

青々とした草花に囲まれたような泉をモチーフにしたようなお店なのでしょうか。

ちなみに、翠泉では、阿部四郎さんが直々に料理を振る舞われていたそうで、その味は絶品だったと言われており、現在も引き継いだ方が、その味を継承しているのだと思います。

しかも、どうも着物で行くと喜んでくれるお店だそうで、成人式の帰りや結婚式の2次会などで利用すると、ある意味盛り上がるかもしれませんね!

そんな阿部四郎さんが経営するスナック、1年でも長く続けてほしいですね!

 - 気になる時事ネタ