ヒアリの天敵のハエは「ノミバエ」?フェロモントラップとは何…

   


本当に獰猛なアリということで、輸出入を行い港湾付近の方たちは、かなりの怖い思いをされているであろうと思うのですが、その名も「ヒアリ」といって、刺されると症状が色々と出てくるようですが、特にアナフィラキシーショックと呼ばれる大変危ない状態になることもあるんだとか。

刺されたところが腫れ上がるらしく、その毒はあの小さなアリからは考えられないほどのスピードで体中に行き渡るようです。

私も昔ですが、アリではありませんが蜂に追い回されて、結果腕を刺されてしまったことがありますが、その時はあまりの痛さに飛び跳ねましたね!泣きながら家まで猛ダッシュで帰った記憶がありますが、今回のヒアリも大変な症状になるようで、私も家の周りにいたら嫌だなと思いながら、道行くアリというアリを見る毎日なのですが、輸入した海外のコンテナに付着していたということで、このヒアリは海外からもコンテナにくっついてきても問題ない虫のようですから、かなり生命力の強いアリなのでしょうね。

ちなみに、蜂については以前こんな記事を書かせてもらいました!→スズメバチの駆除方法は薬剤やスプレー?火災原因の発煙装置とは?

そんなヒアリ、勿論虫コナーズ的なものなどには弱いでしょうし、一定の効果はあるのでしょうけれど、これだけ神戸や名古屋港、と広まると虫よけなどではラチがあかないでしょうね。

そんな中、やはり弱肉強食な世界にあってかこの世界には、天敵と呼ばれるものがいますよね!我々人間社会にも天敵がいますが、私は小学校の時の担任の先生ですかね(笑)机はガンガン蹴られましたし、良く泣きましたね!

さて今日は、ヒアリについて少し書いていこうと思います!

 

Sponsored Link

 

ヒアリの天敵はハエ?ノミバエとは何…

まず皆さん、ヒアリは現在神戸や名古屋港などの一部でしか発見されていませんから、いきなり玄関をあけたらヒアリが・・ということは恐らくないでしょうからご安心ください。

でもコンテナにのって日本にヒアリは上陸しているわけですから、もしかするとコンテナから荷物を受け取るトラックにヒアリが乗り、そしてそのまま町中のどこかで、ぶらり途中下車をして、何となく居心地が良さそうな公園があったのでそこでくつろいでいる・・というようなことも、私の妄想ですがありえますので、もし見かけた方は通報をしましょうね!

そんなヒアリですが、天敵がいるようで、どうもその天敵というのが「ハエ」のようなのですが、このハエの中でもノミバエやゾンビバエと言われるハエが、ヒアリ駆除には最適のようです。

とはいえど、ペットのようにハエを使いこなせませんが(笑)何故、このノミバエやゾンビバエがヒアリに効果があるかと言うと、このヒアリに寄生して、子供を植え付け、そしてそのヒアリの養分を吸収してゾンビバエやノミバエの子供が誕生するようです。

ですから、ゾンビバエやノミバエにとってヒアリは最もありがたい生物であり、ヒアリにとっては超が付くほどの天敵のようですね。

ランキング1位 ゴキブリ害虫 家まるごと駆除【効果がなければ返金・2年保証】RIDDEX PLUS 正規品 ゴキブリ シロアリ 蜘蛛 クモ ノミ コバエ ムカデ ヒアリ 総合駆除 ゴキブリ駆除 ネズミ避け 有害な 超音波 ではない。100%安全。リデックス

 

 

ノミバエ ゾンビバエ

 

虫をおびき寄せる?フェロモントラップとは・・・

そもそも、ヒアリの天敵であるゾンビバエやノミバエが、どのようにしてヒアリに寄生するかというと、なんとヒアリが出すフェロモンがノミバエやゾンビバエの大好物のようなのです。

言うならば、私達が道を歩いていて、きれいな人が通ると香水のにおいなど、いわゆるフェロモンというのを感じることがありますよね。

そんなフェロモンに引き寄せられるようなので、その点は私も理解できますが(笑)このフェロモンを使ったトラップが存在するようです。

人口フェロモンなので、あらゆる昆虫からしたら、完全なハニートラップなのですが、このフェロモントラップは人工的な合成フェロモンで、昆虫を誘い出すわけですが、虫であっても視覚や聴覚、触覚などの感覚があるようですので、効果は絶大なようですね!

詳しくはこちらをご覧ください!

一般に昆虫は視覚(体色、光、動作など)、聴覚(発音)、触覚(直接触れ合う)などの感覚や情報化学物質を利用して仲間(同種)や異種とコミュニケーションを行っています。

 

この同種または異種生物間に作用する情報化学物質のことをセミオケミカルと呼びます。
セミオケミカルを大別するとアレロケミカル(他感作用物質)とフェロモンに分けられます。アレロケミカルとは異種生物間に作用する情報化学物質のことで、アロモンやカイロモンなど様々な物質が発見されているのですが、ここでは省略したいと思います。

 

さて、ようやくフェロモン(Pheromone)という言葉が登場しましたが、この物質を定義すると「生物体内で生産され、体外に排出されて同種他個体に作用する情報化学物質」となります。
この言葉はギリシャ語のpherein(運ぶ)+ horman(興奮させる)に由来し、1959年にP. カールゾン、A. F. J. ブーテナント、M. Luscherによって提唱されました。

 

フェロモンには、他個体に特定の行動を引き起こさせる解発フェロモン(Releaser pheromone)と生理作用にかかわる起動フェロモン(Primer pheromone)があります。
前者には、性フェロモン、集合フェロモン、警報フェロモン、道しるべフェロモンなど、後者には階級分化フェロモンなどがあることが知られています。
これらの中で、昆虫を呼び集める(誘引する)という意味を持っているのは、性フェロモンと集合フェロモンの二つです。
そのため、対象昆虫の捕獲やモニタリングには、この2種のフェロモンが良く使われています。

 

ちなみに警報フェロモンや道しるべフェロモン、階級分化フェロモンは主に社会性昆虫や集団で生活する昆虫で見られ、中でも階級分化フェロモンについては特にハチ類やシロアリ類で確認されています。

 

Sponsored Link

 

ヒアリの天敵ノミバエが増えすぎたら場合の駆除方法とは?

ヒアリの天敵のノミバエを量産して、ヒアリを倒してしまおう!それは勿論その考えでも良いと思うのですが、私、実はヒアリよりもハエの方が正直苦手かなともおもうのですが(笑)もしノミバエが増えすぎたら、駆除する方法があるのでしょうか?

どうもノミバエを駆除する方法があるようです!

というより、発生源となるところを完全に抑え込むことが先決のようで、特に汚れを好むようなので生ごみなどは小まめに捨てた方が良いようです。

私は意外と几帳面なので、この辺はクリアできるかなと思いましたが、便所やお風呂なども綺麗にしておかないと、ノミバエが発生するよういんになるんだとか。

特に台所の三角コーナーなどはかなり危険なようですので要注意のようですね、そして予防するにはゴミ箱は蓋をついたものにしたり生ごみは水をよくきってから捨てる、お風呂の排水溝は週に1回は洗うようにするなどがあげられていますね!

でも、几帳面な私でも、これだけの労働量だとちょっと気が引けますし、お手伝いさんなどがいれば良いですが、こうも毎日掃除ばかりはしていられませんね(笑)

でもヒアリは嫌ですし、ノミバエも嫌ですから綺麗に清掃する癖は必要なようなので、少しづつ習慣をつけなければなりませんね!

 - 気になる時事ネタ