野村佑香 現在住む家や旦那の職業は…リノベーション費用はいくら

   

Pocket

小さな頃から子役などで活躍をしていたイメージがあるのですが、あの女優としてご活躍の野村佑香さんが最近、また注目を集めているようですね。

いわゆるチャイドル時代の人気は凄まじかったのですが、私の中では安達祐実さんのイメージと同じですね(笑)昔からCMなどテレビに出てない日は無いのではないかというくらい、画面に映られていましたし、当時私の周りの女子も男子も、野村佑香さんは可愛いと評判でしたね。

現在の様子をテレビや画像などで拝見しましたが、現在でもあの小さな頃の笑顔のなごりがあると言いますか、かわいい奥様になられていますよね。

美人は飽きると、よく結婚をした同僚や友人から聞きますが、美人な人や、野村佑香さんのように現在でもかわいらしい人は、私が旦那なら絶対に飽きないような気がするんですよね(笑)

現在、野村佑香さんは1児の母親として育児に励んでいらっしゃるようなのですが、恐らく子供さんも将来野村佑香さんのように、綺麗な方になるのでしょうね。

今日は、そんな懐かしの野村佑香さんの現在の様子や、テレビでも注目された家のリノベーション、そして気になる旦那さまのことについてもご紹介していこうと思います。

 

Sponsored Link

 

野村佑香 現在住む家の値段とは?

ちょっと気になったのが、野村佑香さんは既にご自宅を持たれているようで、しかも一軒家なんだとか。

まだお若いのに、関東方面に一軒家を買うとは凄いですね、私なんて賃貸の家賃を払うのでさえ辛いのに、よく都心で毎月のローンや固定資産税など払えますよね。

表札 木 木製 高級天然銘木表札 桜(さくら) 【メール便送料無料】木製表札 戸建 事務所 一軒家 おしゃれ 新築 自宅 木製 新築祝い

一軒家というのは私の中だとステータスなのですが、正直手が伸びませんよね…野村佑香さんが住まれるこの家は、築年数が23年ということで、中古のようですが、場所によっては土地が高ければ何千万でしょうから、家の値段も高かったことでしょう。

お住まいの地域など詳細はわかりませんが、情報があればこちらは更新する予定です。

 

野村佑香

 

野村佑香 旦那の年齢や職業とは?

野村佑香さんは、旦那さんと結婚されましたが、こどもがまだ小さいことを考えると、結婚年数はそんなに経っていないと思われますが、どうやら出会いは6年前で、友人のご紹介だったようですね。

この友人の紹介というケースなのですが、私は以前痛い目にあってまして、友人から紹介されると何だか、良く見せようとして背伸びをしてしまうクセがありまして、どうも自然な対応ができず長続きしないのです。

ですから、友人から紹介してもらうと、その後うまく行かない時に友人と会わせる顔が無くなるので、私は紹介してもらうのは辞めたのですが(笑)

さて、そんな旦那さんの年齢ですが1歳年上ということでしたので、34歳ということでしょうか。

同じ芸能界でのお仕事ではないようですが、もしかすると一般企業に勤めるサラリーマンなのでしょうか、現在明らかにはなっていませんが、アメリカ留学の経験もアリ、英語が話さるという事のようですので、外資系企業にお勤めの可能性もありますよね。

ただ、私の聞いた話では外資系企業と言うのは大変なようですね、年功序列というのは少なくノルマ主義だと言う話を良く聞きますし、退職する人も多いようですね。

 

Sponsored Link

 

野村佑香 家のリノベーションにいくらかけたのか?

野村佑香さんの家ですが、正直言って内装などの画像を拝見しましたが、カフェでもやってるのかと思うくらい、綺麗なリノベーションをされていましたね。

野村佑香 家 リノベーション

 

このなんとも言えない、木のぬくもりがあって、少しレトロな雰囲気を感じられる家と言うのも、都会のスタイリッシュな感じより良いかもしれませんね。

そんなリノベーションというのは、中の造りを現代の生活になじむように改善・改修をすることのようですが、こちらのリノベーションに野村佑香さんと旦那さんは600万ほどかけられたようです。

簡単 練り漆喰 4kg×5袋 tsk|リフォーム 施工用品 リノベーション diy 漆喰 ペイント 左官 壁紙 部屋 塗装 しっくい 防カビ 抗菌 消臭 塗料 ビニールクロス コンクリート レンガ 煉瓦 れんが 天井 砂壁 石膏ボード 壁材 日本製 防火 天井材 施工 土壁 ウォールペイント 室内

ここまでの改装に600万ということであれば、納得できますよね、これであれば友人や親せきなどちょっと自慢できるような感じになっていると思います。

今後も、ヒロミさんのようにDIYでテレビに出てくる可能性を私は感じますので、是非そのセンスで色々とリノベーションをしていただきたいですね!

 - 気になる時事ネタ