ピートジュリアンコーチの経歴や指導方法とは?早く走るコツ他

   

Pocket

スポーツ界にまた新たな新星現ると言った感じでしょうか、あのシカゴマラソンで日本記録を樹立した大迫傑さんがついに帰国されましたね。

恐らくアメリカへと飛び立つ前と、戻ってきてからではお出迎えの人数が全然違ったのではないでしょうかね、出発するときには数名だったのが、帰ってきたときには何百人というのは良く聞く話で、今回も注目度は高かったことでしょう。

瀬古利彦 注意を受けた発言内容や相手の女性アナウンサーとは誰?

この注目度の高まりは、レースの結果もそうですが、なんと日本陸連よりなんと1億円のボーナスが出ると言うではありませんか…オリンピッククラスならともかく、日本記録を出せば1億円となると、今後マラソンで世界を目指すランナーにとっては嬉しい情報でしょうね。


実業団こそあるものの、野球やサッカーのようにプロのリーグがあるわけでもないですし、このような報奨金が出ると言う事は、私も意外でしたね(笑)さて、そんな大迫傑さんの記録を支えたのが、あのピートジュリアンコーチだということです。

よく私も言いますが、良い指導者に出会えると言う事が、自分自身のパフォーマンスや考え方などを変える分岐点にもなりますし、私も高校時代に会えていれば…なんて考えることもよくあります。

さて、今日は大迫傑さんを支えたピートジュリアンコーチについて書かせていただくのですが、まずは簡単な経歴や、指導方法、そしてマラソンを早く走るコツなどについても書いてみました。

 

Sponsored Link

 

ピートジュリアンコーチの経歴や選手としての実績とは?

ピートジュリアンコーチですが、意外と知らない人もいるようですので、少し経歴などを紹介しておこうと思いますが、まず現在の年齢は47歳ということで、今は勿論選手ではありません。

ナイキオレゴンプロジェクトのアシスタントコーチとして所属をされており、学生時代にはクロスカントリーでも優秀な成績を残されており、1998年、1999年には世界クロスカントリー選手権にも出場を果たされています。

コストコで1500万食突破! オニオングラタンスープ10食入り1箱 PILLBOX 今だけ送料無料! ヒルナンデスでも紹介! フリーズドライ/オニグラ/オニオンスープ/チーズブレッド/即席/玉ねぎスープ/インスタント食品/☆わずか66kcalでヘルシー☆/ピルボックス

しかも、10000メートルでは銅メダルを獲得、やはり選手としての実績もある人は、コーチングもうまいのでしょうね、というのも実体験を元に話をしてくれますし、フィジカルもそうですが、メンタル面についても、心構えを教えてくれると言う部分は強いですよね。

 

ピートジュリアン コーチ

 

ピートジュリアンコーチの指導方法とは?

さて、ピートジュリアンコーチの指導方法とは一体どのようなものなのでしょうか?

勿論コーチ1人の意見が最大限に反映されるような組織ではなく、科学的なものや選手一人ひとりの傾向を把握したトレーニングカリキュラムが組まれていると思われます。

そんな中、少し気になる物を見つけたのですが、それはピートジュリアンコーチが大迫傑さんへとかけた一言なのですが、これが素晴らしい言葉でした。

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>

「42キロを走る前というのは、不安があり、当たり前の事だ」

これは深い意味がありますし、何より寄り添っていてくれるような気がして、もしわたしが大迫傑さんでしたら、ちょっと肩が軽くなるかもしれませんね。

プレッシャーは当たり前だ、それは走る全員が持っているものだと知らしめてくれて、自分の走りをしようということでしょうか、これには勇気づけられたことでしょう。

 

Sponsored Link

 

マラソンを早く走るコツはあるの?

大迫傑さんのように、日本記録までとは言いませんが、マラソンをより早く走るコツと言うのはあるのでしょうか?

勿論、付け焼刃で走れるものとは思っていませんが、調べて見ますと、意外と単純なものもありましたが、準備体操をしっかりとすることと、序盤からオーバーペースにしないことが良いようです。

いわゆる自分のペースで走ることが早く走るコツのようですね(笑)とはいえ、どのように自分のペースを守れば良いのでしょうかね、私もいわゆる持久走ですが走った経験は幾度もありますが、意外とつられてしまうんですよね。

えっ、こんな高く売れるの?! 独自オークションシステムで高額買取

体内時計のようなものが正確であれば、つられて走ることは無いとは思いますが、この域になるともうプロの手前ぐらいまでにはなっていることでしょうね。

それにしても今回の大迫傑さんの日本記録、是非次回も更新して頂きたいと思います!

 - 気になる時事ネタ