阿部哲子 離婚の理由は何?実業家の正体やW不倫の慰謝料とは…

   

Pocket

あまりにも唐突な話で、少々驚いてしまったのですが、あのフリーアナウンサーとして活躍をされていた阿部哲子さんが、何と9月一杯で、出演をされていた番組のすべてを降板されたんだそうです。

病気をされていたのではないかと、阿部哲子さんを心配する声も多く聞かれてはいたのですが、終わる際の阿部哲子さんは、そんな雰囲気を微塵も感じさせない様子でしたので、もっと他に理由があるのではないかとも思っていましたが、何と不倫の過去がバレてしまったというようなことが取り上げられていました。


こうなると、体調不良で全ての番組を降板しましたと言ってしまった方が、ある意味良かったようにも思いますが、こうなってしまってはもう遅いですね。

今日は、阿部哲子さんの離婚の理由とは一体何だったのか?そして、お相手とされる実業家の正体や、今回のようなケースでは慰謝料はどうなるのか?などを推察してみました。

 

Sponsored Link

 

阿部哲子 夫と離婚した理由とは…

阿部哲子さんの夫は、延広耕次郎さんと言われているのですが、元々TBSの報道記者をされていた方のようで、やはり凄い経歴の方とご結婚をされていたのですね。

同僚の紹介ということのようですが、その同僚を私が紹介してもらいたいぐらいなのですが(笑)5年間ほどの交際を経て、ご結婚をされたんだそうで、阿部哲子さんの2歳年上ということなので、現在41歳ということになりますね。

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>

ただ、そんな阿部哲子さんも2017年には離婚をされていたことが発覚したようで、その理由とは一体何なのか?と話題になりましたが、冷静に考えて見ると、実業家の方との不倫は数々の整理品より明らかになったということで、ここ最近の話ではないでしょうから、もしかすると既に2017年ごろには実業家の方と関係があり、延広耕次郎さんも実は阿部哲子さんと実業家の方が頻繁に会っていることなどを察していたのでしょうかね。

私がもし阿部哲子さんの夫と言う立場なら、恐らく身の回りに身に着けた高級品や、帰りの時間がバラつくようになるようなことがあれば、間違いなく疑うかもしれませんね(笑)それほど綺麗な方ですし、魅力的に見えますからね。

 

阿部哲子 実業家

 

阿部哲子と関係のあった実業家の正体とは?

夫婦の関係が破たんを仮にしていたとしても、婚姻関係にある場合はやはり不倫ということになると思うのですが…そこまでして阿部哲子さんとの関係を継続したかった実業家男性とは一体誰なのでしょうか?

元夫の延広耕次郎さんについていくとスッキリを降板する際には、このような結末になるとは到底思えなかったのですが、実業家の男性の闘病も支えていたとのことで、やはり男女関係というのは複雑ですね。


私は、結婚は否定的なので(笑)できればこんなことになるのであれば、静かな生活をしたいと思っていますが…そんなことは良いのですが、阿部哲子さんと関係のあった実業家の人ですが、IT業界では知らない人はいないほどの有名な人だったようです。

大手IT企業の役員も務められていたと言い、もしかすると今後実業家の正体が明らかになるかもしれませんね。

判明次第、こちらに載せて行きたいと思います!

 

Sponsored Link

 

阿部哲子 W不倫による慰謝料はどうなる?

阿部哲子さんですが、実業家の方は既にいないわけですが、一体この不倫での慰謝料というのはどうなるのでしょうか?

貞操義務に反すると、不貞をした配偶者は築き上げた家庭が崩壊することもあります。また、その不倫の相手方も「家庭を破たんさせた原因を作った」として不倫相手の配偶者に慰謝料を支払うこともあります。
なお、不貞の慰謝料には、たとえば配偶者の相手からの慰謝料の支払方法を一括払いにせず月払いにするなど、不倫をされた配偶者の「被害者感情の満足」という機能もあます。

このような話もあるようですが、実業家の嫁についても、当時破綻していた夫婦関係ではあるものの、これが原因だとすれば、慰謝料を請求する可能性もあるでしょうね。

★ヒルナンデス紹介★メディアで話題のおむつケーキ オーガーニックラトル 【あす楽対応★土曜日】出産祝い 男の子 女の子 ギフト 誕生日 ポケモン ベビー おすすめ おしゃれ !sassy パンパース ベビー【送料無料】 売れ筋 0601楽天カード分割 桜 ハロウィン ひまわり

でも、この騒動は阿部哲子さんだから、実業家の嫁さんが仕掛けたようにも思え、何とも後味が悪いですよね、お互い別れてから一緒になっていればこのようなことにもなっていないように思いますが、実業家の方も、どちらにも良い顔をされていたということでしょう。

 - 気になる時事ネタ