レースクィーン赤松寛子の現在は?旦那はカープ赤松、胃がんは初期

   


皆さんを驚かしている、カープ赤松真人選手は、私のお気に入りの選手の一人です。

胃がんが現在初期段階にはあるようなのですが、本人が夢にも思わなかったという通り、まさか初期段階で胃がんにより胃の切除を、最低でも半分場合によってはほとんど摘出しなければならないようで、1月の手術後、恐らくプレーは続けるようですが、見通しは混とんとしています。

皆さんもそうでしょうけど、これは健康診断で発覚したようなんですよねー、よく私のまわりでも胃カメラはきついから嫌だとか、バリウムは調子が悪くなるから嫌だというような話も聞きますが、このような報道を目にすると、年末の末ですが(笑)、みてもらっとこうかなー、なんて気にもなりますよね。

何より、カープの赤松選手にとって、この病気で心配をかけているのは、元レースクィーンの赤松寛子さんと、お子様たちでしょうね。

そんな元レースクィーンの赤松寛子さんのことと、それ以外のお話をしていこうと思います。

 

Sponsored Link

 

元レースクィーンの赤松寛子さんの現在は?プロ野球選手の奥様に・・・

なんと、赤松寛子さんは、現在カープに所属し、先日胃がんを公表した、赤松真人選手の奥様なんです。

奥様の情報を少し言うと、1979年7月31日生まれで、出身は大阪、タレントさんでもありながら、元レースクィーンでもあり、当時はワンエイトプロモーションに所属をされていました。

ちなみに、このワンエイトプロモーションは、皆さんがご存知な人ですと、吉岡美穂さんなどが所属をされています。

吉岡美穂さんが思い出せない人は、歌手のIZAMさんの奥様というとピンときませんか?恐妻家で、ジャイアンとか言われている人なのですが、とてもきれいな方で、私はそのジャイアン感はあまり無いように思いますが・・・。

ちなみに、元SDN48のメンバーでもある、KONANさんも実はワンエイトプロモーションですよー。

 

赤松真人 嫁 赤松寛子

 

元レースクィーン赤松寛子さん旦那、赤松選手のがんのステージや進行具合、生存率や野球への復帰の可能性

元レースクィーンで、カープ赤松真人選手の奥様の赤松寛子さんですが、今後胃がんを公表した赤松真人選手に対して、どのような介護をされていくかなんですが、そこには、がんの進行具合がどの程度なのかで、人の手が必要かどうか違いがあると思います。

現在報道では、初期段階ということでしたが、仮にこれをステージ1程度のレベルであるとすれば、90%ほどの生存率がありますから、極端に心配をしなくとも良いと思いますが、若いときは、進行が非常に速いようなので、1月に手術することに奥様の赤松寛子さんは安堵されていることでしょう。

生存率については、問題が無いにせよ、プロ野球選手として2016年のセリーグのリーグ優勝に貢献をしたわけですから、選手であり続けたいと願ってはいると思いますが、本当に戻ってこれるのか、1人のファンとして心配ですし、奥様の赤松寛子さんは、どのように励ましてあげたのでしょうか。

立命館大学時代より、同級生のようなのでその点は、赤松真人選手のちょっとおっちょこちょいな性格も十分に理解しているでしょうから、かなり明るく前向きに励ましてあげたんでしょうね(笑)。

 

Sponsored Link

 

元レースクィーン赤松寛子さんが心配する、胃がんの転移の可能性は?

これ、赤松寛子さんより、私もすごく気になっているのですが、胃がんの転移とはどれぐらいの確率で起こるのかを、調べて見たのですが、がんの転移とは、目に見えず取りきれなかったがん細胞が、またどんどん大きくなって、現れて出てきてしまうことのようなのです。

胃がんの転移先としては、やはりほど近い肺や肝臓などへの転移が多くみられるようで骨や脳にも転移する可能性もあり、本当に危険なのです。

胃がん自体は、転移する可能性が低いと言われていますが、分化型などの組織型を持つようなガンであれば転移は少ないようですね。

しかも、胃がんのフォローアップについては、5年間は経過観察が必要とのことで、特に1年目から3年目までは注意が必要のようです。

5年経過後の発生確率はほとんどないとのことですので、何とか頑張っていただきたいですが、奥様の赤松寛子さんの気苦労も今後増えてくるように思います。

何とか良い結果となるよう、みんなで赤松選手、そして奥様を応援しましょう。

 - 気になる時事ネタ