岡村隆史の交通事故の原因と状況、要因は?被害者男性の容体は?

   


またこの師走時に、大変なニュースが入ってきました。

先日MAKIDAIさんが、北海道でバーバルさん達と、大雪でスリップが原因で事故を起こし肺挫傷や肋骨骨折で運ばれていましたよね。

交通事故の原因が特定しずらい事故があるのですが、最近はドライブレコーダーなどの普及や、街角、コンビニなんかの防犯カメラの効果もあって、また鮮明さもあってか、交通事故の原因が特定されやすくなってきていますよね。

今回、お笑いコンビナインティナインの岡村隆史さんが、東京都港区を車で運転中に60代の男性歩行者に接触するという、大きな事故を起こしてしまいました。

先日もノンスタイルの井上さんが事故をおこし、逃げたことで謹慎になってしまいましたが、今回は岡村隆史さんは救急処置や事故処理にあたったとのことでホッとしています。

今回の交通事故の原因はさまざまあると思われますが、いつも不思議なのが被害者の方の容体が一切出ていない事。

先日のMAKIDAIさんの事故も、あれだけの状況なら、相手の容体も相当悪いはずなんですが、軽傷の一言は、少し腑に落ちませんよね。

 

Sponsored Link

 

岡村隆史さんの事故の原因と状況はどうだったのか?悪いのは車か歩行者か?

これは当たり前の話なのですが、基本的には弱者を守らないといけないわけですから、歩行者が飛び出したなどの状況は別として、歩行者優先となっているのが日本の当たり前のルールです。

一方で、歩行者のマナーが良いのかと言われれば、最近はそうでもないなと個人的には思ってしまいます。

若い子から年配の子まで、自分よがりというか、危ない歩行を見ることもあるのは間違いありません。

ただし、今回は岡村隆史さんの接触事故のケースの場合T字路での右折なので、歩行者に気づかなかったということは、脇が甘いというか、危機管理がなっていないと思いますね。

我々も会社などでは、ここら辺の交通安全運動は全社を取り上げて行いますし、先日のノンスタイル井上さんの事故や、MAKIDAIさんの事故に学ぶ機会があっても良かったのではなかったのかなと思います。

今回については車が停止すべきだったので、完全に車の方が悪いと思いますよ。

 

岡村隆史 事故 原因 注意 調査

 

岡村隆史が事故を起こした要因を挙げてみると、交差点右折時の危険性は?

岡村隆史さんが港区で起こした事故ですが、急いでいたとか、ぼーっとしていたというような理由もあるかもしれませんが、運転状況から行くと要因は、先日もブログで書いたことがあるのですが、恐らく運転席の右側前のちょうどドアミラーの付け根の部分と言うのでしょうか、ピラーに歩行者が完全にかぶってしまい、事故を起こしたのではないかと推察します。

また、右折時の交差点の危険性として、岡村隆史さんはもしかすると、対向車の左折レーンにばかり気がいってしまい、また、その脇からバイクなどがでてくるのではないか?と考えて、右折の際の横断歩道上の歩行者の確認を怠ってしまったのではないかと思います。

交差点での右折時については、歩行者が完全にいないというような状況でも、歩行者信号が点滅になった瞬間にいきなり走り出し視界に入らない部分から歩行者が飛び出してくることもあるので、横断歩道の前では一時停止が必要ですよ。

60歳の男性が、被害者と言うことですから急に走り出したことは考えづらいので、恐らく見落とし、不注意だと思いますね。

 

Sponsored Link

 

岡村隆史が起こした交通事故で、被害者男性の容体は本当に軽傷か?

良く考えてみると、歩行者と自動車がぶつかるわけですから、本当に軽傷なのか?と思ってしまうんですよね。

今回推察すると、おそらく完全停止せず、徐行または、少し加速する前段階で被害者の方とぶつかっているわけですから、軽傷といえども、関節などの痛み、特に事故後に痛みが出る場合もあるため、完全に軽傷と決めつけるのは早計かなと思います。

我々も、今後いろんな場所で事故に会う機会もあると思いますが、自覚症状が無い場合でも、かなりのダメージを体が受けていることが多いので、実際に被害者になった場合は、必ず病院へ行きましょうね。

ということで被害者男性の容体は、軽傷のようですがアドレナリンがで終わった段階で、冷静になって病院にいってもらいたいと思います。

そして、今回事故をおこしてしまった岡村隆史さんですが、救急処置や事後処理をすばやく行われたことは一定の評価ができると思いますが、超がつくほどの有名人の方ですので、運転はご自身でされるより、ドライバーさんなどを雇って運転をしてもらった方が良いと思いますね。

 

 - 自動車にまつわる話