普通自動車免許を取りに行くのに何を準備すれば良いのか?

      2016/10/24


普通自動車免許を取りに行くのに何を準備すれば良いのか?

 

もう、気持ちの整理がついた頃でしょう。
やはり普通自動車免許を取りに行くことは、前向きに考えてみると
良いことばかりなのです。

頼られる人になれることや好きな車、乗りたい車なども見つかることで
しっかり、やらなければならないことに励む体質になるわけです。
ですから普通自動車免許は、取得にいかなければならないわけですね。
たしか年収も違いが出てくるわけですから、なおさらでしょうね。

では、今あなたがPCの画面、スマホ、タブレットを通して見てくれている
わけなのですが。

 

「よし今からすぐに取りに行こう」
「いってらっしゃい!」

 

というわけにはいきません。
タイトルにもあるように、何を準備すれば良いのか、わかっていませんね?

では、まず1つ説明をしていこうと思います。
まずは、かならず準備をしなければならないのは「保護者の方の同意を得る」ことです。

 

「そんなのわかってますよ」

いえいえ、そんなのわかってるって人ほど、そんなのを後回しにしがちなんですよ(笑)

特にですが、思春期・多感な時期もあってか、保護者の方との微妙な距離感
ほら、薄々気づいてる、ちょっと心当たりある人いませんか。
あまり喋ってないとか

実は、一番心当たりがあるのが、このわたくし土屋本人だったりするのです(笑)
当時を振り返ると、懐かしくもありバカバカしいのですが、わたしは当時普通自動車の免許が
欲しくて資料集めをしていました。
この資料とは、やはりこの年齢になると、同級生も同じように情報を集めており
クラス中、なんらかの資料が転がってるんですね。全て紙ベースの資料なんですけどね。

いや、これ本当の話で、当時携帯は情報など出ていません。なによりPHSを持っている人が多かったですし、
スマホなんて夢のアイテムですよ、まったくないわけですよ情報も何も。(PHSとかしりませんよね。)

横道それましたが、資料を集めていくなかで、どの自動車学校にも保護者の同意が必要と出てるんですね。
それはそのはず、何より考えてみたら、「お金がない」

 

当時のわたしも「ハッ」としました(笑)

そもそもお金がないので、保護者の了解、了承を経てお金をお借りしなければならないのです。

当時、ちょっと尖っていた頃でしたから(たぶん皆さんもちょっと、ツンとした時期だと思います)
バイトもしていましたし、俺は社会の一員だ。なんて少しお金もできて格好良くふるまっていた時期ですね。

まぁそんなちょっと人を斜めに見る時期の時に
「免許とりたいから、金貸して」

これをすんなり言うことのできる心の準備、簡単に同意を得る保護者攻略の準備が必要ですね。

 - 自動車にまつわる話