日刊大衆の信憑性は?ガキ使との関係や週刊大衆、親会社双葉社とは

   

Pocket

またまた、世間をお騒がせするような話題が出てきましたね、あのダウンタウンの松ちゃんこと松本人志さんがツイッターで以下のように述べられていましたね。

日刊大衆。 ガキ使の菅さんとヘイポーがクビ? 2人に失礼やわ。 菅さんは数年前に既に日テレを退職されて総監督として三年間 頑張っていただきこの度めでたく卒業。ヘイポーは健在で近々OAのロケに参加してメッチャおもろかったけど。何? 2人に謝って。 日刊大衆。

これ、日刊大衆さんが誤報をしてしまったがゆえに、松本人志さんを少しイラッとさせてしまったようなんですねー、本当にしっかりと調べ上げた上での記事掲載なら、良かったというより何もお咎めが無かったのかもしれませんが、あまり知らないところで、憶測なような記事を出してしまったんでしょうね。

ほんと、指摘された本人さんたちは、まさに寝耳にウォーターでしょうし(笑)リストラというような表現がちょっとエグイ感じだったと思うんですよね、以下にもいらなくなったので感が凄い出てますよね。

記事は、信憑性というのがせめて半分くらいは無いと、ねつ造というかウソやガセそのままの記事になりかねませんからね。

しかもガキの使いのヘイポーさんと菅さんって、かかせることのできないキャラなので、私は見た時にリストラはないな!って直感でわかりましたけどね(笑)

 

Sponsored Link

 

日刊大衆の信憑性はゼロ?ガキ使報道は、リサーチされた記事だったのか?

日刊大衆さんの今回のガキ使報道は、残念なことに信憑性ゼロで終わってしまったのですが、記事を書く人も手柄を急いだ感がありますよね(笑)

その気持ちは、わからなくもないですねー、誰よりも目立つ記事、手柄を立てたい、注目されたいというのは、仕事をやっていく中で出てきますし、欲をかいて仕事をするのは悪くないと思うのですが、今回は全く事実無根を記事にしてしまったことで、批判を浴びてしまいましたね。

個人的には、しっかりと調べて書かなければならないと思う反面、やはり見出しは面白いものが目をひくと思うので、キャッチコピーには考慮したものが良いと思いますね。

でもガセネタはダメなので、もっとリサーチして、推察するような感じで記事を書いたらいいのかな?なんて思いますね。

 

ガキの使い 松本 浜田 ヘイポー

 

日刊大衆の信憑性は、週刊大衆になると良くなるのか?

日刊と週刊は読むとその通り違うのですが、日刊っていわゆる新聞と同じですから、ほぼ速報の記事をまとめなければならなかったりすると思うんですよね。

となると、日刊はスピードと鮮度が重要で、如何に次の日にわかりやすい記事として紙面に出すかですから、かなりハードルが高いと思うんですよね。

ただ、それに比べ週刊となると、日刊ほどのスピードよりも量や質といったところに注力できるように思うので、記事の質やパフォーマンスって日刊よりも上がると思うんですよね。

例えば週刊マガジンより日刊マガジンの方が、毎日出るので目を通しやすいけど、漫画家さんがページ数をかけなかったり、ページの中身が詰まってなかったりすると、読み手としては物足りないですし、これが芸能誌やゴシップ誌あたりともなれば、なおさらですよね。

 

Sponsored Link

 

日刊大衆の信憑性を担保する、親会社の双葉社とはどんな会社なのか?

双葉社さんって、そもそもは大衆娯楽路線をひた走っていましたが、書物を取り扱うようになり総合出版社という位置に落ち着いています。

特にルパン三世やクレヨンしんちゃんなんかは、看板のヒット作でもありますね、また湊かなえさんの告白なんかもベストセラーになったのは記憶に新しいですね。

また、お世話になった人も非常に多いのではないかと思いますが、ファミコンなどの攻略本なんかも出されていましたし、実は意外と身近な出版社さんのようですね。

でも、今回日刊大衆さんはガキ使のガセネタについては、すぐに謝罪をいれましたし、他のゴシップ誌よりも何だか悪いなりに好感は多少持てたようにも思いますね、ツイッターでの松本人志さんの発言の影響力も凄いですが、悪いとわかると詫びを入れるというのは、良いことだと思いますよ。

中々、わたしもそうなのですが、仕事をして少々悪いことだったとしても、それぐらいいいじゃないかって、素直に謝る事ってなんだかできないんですよね(笑)明日からは、わたしも指摘されたら、すぐに謝る「謝り癖」をつけなければなりませんねー!

 - 自動車にまつわる話