オザケンと深津絵里がラブリーな関係?タモリが好きなあの曲とは?

   

Pocket

あのカリスマ歌手が戻ってきましたねー、1990年代初頭に抜群の人気を誇ったオザケンこと、小沢健二さんが新曲をぶら下げて戻ってきました(笑)

ばんざーい!!と思ってますが、みなさんオザケンって知ってますよね?

あの焼き肉屋をやってる吉本の獅子舞芸人・・・いやっ!それはタムケンです、あの暴れん坊将軍の人が歌いながら踊るサンバ・・・えーいっそれはマツケン!

ですからオザケンですよ、オザケンはカローラ2に乗ってとか、今夜はブギーバックとか日本の音楽シーンを様変わりさせて歌手の内の1人なんですが、幼少期より音楽・文学にとにかく才知があって、勉強も出来て歌も唄えて、当時相当羨ましい、嫉妬しちゃう歌手の一人だったんですよね。

そんなオザケンについて、色々と語らせていただこうと思うのですが、新曲のことについてや、様々な歌詞誕生の秘密までたっぷりと語らせていただきます!

 

Sponsored Link

 

オザケンの元彼女が深津絵里?現在もラブリーな関係の真相とは・・

オザケンと言えば、ルックス良し、歌ってよし、頭よし、の男から見ても本当にうらやましい男なんですが、何とオザケンの元彼女が、あの大分が生んだスター深津絵里さんなんだそうです。

ほんと羨ましすぎるー(笑)、神様は本当に不公平だーと思ってしまいますよ。

そんな深津絵里さんとお付き合いされていた頃に、ラブリーという曲を歌われるのですが、その歌詞の中に子猫というフレーズが出てくるんですが、どうもそのことは深津絵里さんのことをイメージされているようです。

ただ、お付き合いも短い期間で終わってしまって、その後小沢健二さんは長期間、テレビなどでは見ることが出来なくなってしまったんですよねー。

 

小沢健二 オザケン 深津絵里

 

オザケンの曲を宇多田ヒカルがカバー?その真相は・・・

世界の歌姫の宇多田ヒカルさんが、私の大好きな今夜はブギーバックを唄われています。

LuvLiveのライブで唄われていたのですが、何故オザケンの曲を?という疑問があったのですが、もしかしてあの宇多田ヒカルも、天才小沢健二のことをリスペクトしていたのかー!と思うんですよね。

あの当時、あんなにカルチャーポップな曲ってあまりなかったですし、それこそ宇多田ヒカルがデビューした時のような感動が、オザケンの時にもあってので、天才同志、通ずるものがあるんでしょうね!

 

Sponsored Link

 

オザケンの曲は、タモリが認めている?新曲完成秘話は・・・

オザケンと言えば、さよならなんて云えないよという曲がありますが、あの曲はあのタモリさんが大絶賛しています。

フレーズの1つ1つに命がこもっている曲で、当時、最近にはない歌だと感動をされていましたね。

そんな曲達の完成秘話を、オザケンは言っていましたが、意外と日常の生活の中でフレーズが思い浮かぶようで、お蕎麦屋さんや、旅行中、車の中でふと思いついて、筆を走らせるようです。

簡単にはできない、複雑なメロディーや歌詞をいとも簡単にパッと出してしまうその凄さは、もう普通の歌手と同じ土俵でみてはいけませんね。

幼少時代より、ドイツに行かれていたことや、しっかりと文学・音楽を勉強したことで、しっかりとした歌詞やメロディーが出来上がり、人に感動を与えることのできる歌になるんでしょうね。

 - 気になる時事ネタ