芳根京子の難病、ギランバレー症候群の原因や症状と完治するのか?

   


芳根京子さんと言えば東京都ご出身の今をときめく女優さんなのですが、最近でいうと花子とアンなんかが私は記憶に新しいんですよね!

赤毛のアンの翻訳家にスポットをあてたテレビでしたが何を基準にドラマの題材を決めてるんでしょうかねー、それと、何をベースに主演の方を決めているんでしょうかね。

というのも赤毛のアンそのものなんて見たこともないわけで、またその翻訳家でもある村岡花子さんって明治から昭和にかけてだから、リアルで知ってる方ってのはほとんどいないんでしょうけど、どの部分がハマるって思ったんでしょうかね!

ちなみに、この花子とアンは直近の朝ドラとしては非常に視聴率が良く、20%以上を記録していて、ここ10年ではダントツに良い朝ドラだったみたいですねー、私もここ数年はあまり朝ドラというものは見てなかったのです、この花子とアンは見させていただきましたね!

さて、そんな芳根京子さんは中学2年生のときにギランバレー症候群を発症されています。

かなりの難病なので、ご存知の方も多いのですが、少しおさらいをしておきましょう

 

Sponsored Link

 

芳野京子の出身高校はどこ?東海大系列の高校なのか・・・

芳根京子さんと言えば、1日に5回もスカウトをされるほど美人さんで、ライブに行ったときにスカウトをされたようなのですが、東京ってそこらへんにスカウトマンがいるんですねー。

そんないきなり声かけられて芸能事務所ですって言われても、中々信じてついていけないと思うんですよねー、ですから女優さんとかってかなり勇気があるというか、肝っ玉が据わってないとできない職業ですよね。

声かける人も勇気があるというか、だって声かけって見方によっては、ナンパとか変な勧誘に見えたりしますからね(笑)

そんな芳根京子さんですが、都立高校から通信制の高校に転校したのですが、その高校は東海大付属望星高校と言われています!この高校はえなりかずきさんや榮倉奈々さんが卒業された高校で、都内でも有名な高校ですね。

 

芳根京子 花子とアン

 

芳根京子が難病に号泣?若いときにギランバレー症候群になると・・・

ギランバレー症候群とは、神経にダメージをあたえる病気で、以前も記事にしたのですが、関節炎のような痛みを発症したり、のどの痛みや胃腸炎など風邪の症状が出てくるようで、初めは「風邪かな?」と思われることも少なくないんだとか。

そして、風邪と全く違うのは、麻痺などの症状が徐々にでてきます。

自分で呼吸ができなくなったり、体の下の方から上に向けて徐々に徐々に筋肉が動かせなくなるようなのですが、若いうちは体力もありますし、まさに気力体力で乗り切れると思いますが、一番楽しい時期に例えば学校に行けない、友達と遊べないというのは、非常にストレスとなるでしょうね!

 

Sponsored Link

 

ギランバレー症候群の原因菌や、完治はどのくらいかかるのか?

グランバレー症候群というのは、カンピロバクターやマイコプラズマなどのウィルスが引き金となって起こすといわれています。

ですから、ちょっと風邪のような症状とかお腹が緩くなるような症状がでるんでしょうね!

治療方法はステロイドでの治療や免疫グロブリン療法などがあるようですが、完治には最低数か月必要のようで、ピーク時期は発症して1か月ぐらいの時が頂点のようですね。

ちなみに後遺症が残る確率は10%ということで、思ったより高いというのが私の印象ですね(笑)

 - 気になる時事ネタ