宮地真緒 結婚相手の年齢や出身地に職業は何…高橋一生との関係他

   

Pocket

女優の宮地真緒さん、おめでとうございます!とまずは第一声をあげたいと思いますが、なんと24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~で14年間も交際を続けていた一般人の男性からプロポーズを受けて、快諾、そして結婚指輪をもらっていましたね!

世の女性は見ていて大変羨ましかったのではないでしょうかね、まずは14年間お付き合いされてきたという純愛に、羨ましいと思われている人もおおいでしょうね、普通どうでしょうか、私の肌間隔だと基本的には1年から3年くらいお付き合いをされてから結婚する方が多いと思うのですが、14年というのはレアケースではないでしょうかね。

一般の方の気持ちもよくわかりますね、宮地真緒さんを嫁にもらうというのは、かなり覚悟がいるのでしょうし、14年は少し長いような気もしますが、芸能人の方を知るには、必要な時間だったのかもしれませんね、芸能人の方は結婚しても意外とすぐに離婚される人も多いですしね。

14年もお付き合いしていると離婚する可能性は低いと思いますが、こんなことにはならないようにお願いをしたいですね→上原多香子 阿部力と不倫子作りline内容…関東連合との関係他

さて、そんな宮地真緒さんですが、今回結婚された相手というのはどんな人だったのか気になる方も多いですよね。

今日は色々と調べたことをまとめさせていただきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

宮地真緒の結婚相手の年齢や出身地は?

宮地真緒さんとご結婚をされた相手の方ですが、気になるのは年齢やご出身ですよね。

というのも、年齢についてはやはり近い方が話題もあいますし、でも年上の人の方が引っ張ってくれるということもありますし、過去には7歳年上の人とのお付き合いを報道されたこともあり、14年間の交際の時期とも実はほぼマッチするので、もしかすると当時20歳前後であった宮地真緒さんの年齢を考えると、27歳~30歳くらいかもしれませんね!

またご出身については、どうやら福岡県の大川市とも言われています!

 

宮地真緒

 

宮地真緒の結婚相手の職業は何?

宮地真緒さんの結婚相手情報としては、過去のフライデーの記事だとどうも音楽関係者という話もありましたが、それはさすがに10数年前の情報ですから、現在は変わっているかもしれませんよね。

少しリサーチしていると、どうやらご出身の大川市で家具屋の家業を継がれているというような話がありましたが、福岡にある大川家具がお勤め先なのでしょうか。

音楽関係から家具屋ということであれば、全く正反対のお仕事のようにも思いますが、どちらもクリエイティブなお仕事ですよね!

私も、音楽関係者とか家具屋の家業を継いだなんて一度で良いので言ってみたいですね(笑)何だかセレブ感も出ますしね!

 

Sponsored Link

 

宮地真緒の元彼?高橋一生との関係とは…

色々と調べていく中で、どうやら宮地真緒さんと高橋一生さんが、関係があるようでした。

少し調べていくと、濡れ湯というようなキーワードがありましたが、どうやら過去に映画で際どいシーンを演じているようで、そこで高橋一生さんとの関係があり、キーワードで検索をされていたようですね。

でも、宮地真緒さんの結婚相手は当時、複雑な気持ちだったでしょうね、私が結婚相手なら絶対にしてほしくないシーンでしょうね、かなり嫉妬深いので(笑)

そんな宮地真緒さん、さらに調べると歯や歯茎というようなワードもありましたが、何か気になっていることはあるのでしょうかね、歯並びが悪いとか歯茎の色が悪く気にしている人は、最近ホワイトニングとか治療をされている人も多いので、もしかすると宮地真緒さんもその辺をきにされているのかもしれませんよね。

実際に私も気にしているので、歯の歯石とりなどには定期的に通っているので、3か月に1回は行っていますね。

S/M Mao Miyaji 宮地真緒写真集 [ 沢渡朔 ]

オフィシャルブログでも、宮地真緒さんは私同様に歯を大事にされているのがわかりますね!ワイズデンタルキュアという東京は豊島区の巣鴨にあるデンタルクリニックに行かれているようですね!

ホームページでも宮地真緒さんがしっかりと出られていますよ!

次世代の歯科治療において「噛み合わせ」と「歯並び」は大変重要な意味を持ちます。

以前はほとんどの人がかかっていた虫歯。
現代は虫歯が減りつつあると言われていますが、実際は「歯が綺麗な人」と「極端に歯を失っている人」の両極端になりつつあります。
虫歯になり穴が開いた歯をなんらかで埋める。失った歯を補う。これらはあたりまえの治療ですが、穴を埋めるだけ、失った歯を補うだけでは「なぜそのような状態に陥ったのか?」の理由が追求されていないため、「歯磨き不足かな?」と思わざるをえないのが現状です。

「虫歯菌」「食べ物」「口腔環境」の三大要因が複合して虫歯を引き起こすと言われていますが、着目すべきは「歯に穴が開く」「歯を失う」要因は「力=噛み合わせ」ということです。物体の一部に力がかかり過ぎれば、壊れるのが普通です。つまり、噛み合わせが強い部分だけ、穴が開いたり、歯がなくなったりするのです。
両隣の歯はなんでもないのに、あいだの一本だけを毎回治療をしているという現象が起きるのはこのためです。噛み合わせがよいということは虫歯になりにくい人。今、虫歯が多くある人は噛み合わせが悪い人とも言えるのです。
このように、現代は「虫歯菌の除去=クリーニング」が虫歯予防の主体であっても、虫歯を治せない人たちがクローズアップされる時代になりつつあります。

これからの歯の治療は「噛み合わせ」「歯並び」が重要な意味を持ちます。
力のバランスがとれている噛み合わせは、結果的に「美しい歯並び」ということになります。
歯科においても「Beauty美的」が「Healthy健康的」であると再認識できる時代。
綺麗になることで健康になろう!を提案していきたいと思います。

ワイズデンタルキュア 三井 雄一朗

 - 気になる時事ネタ