五月千和加 タトゥーにカラコン・赤髪の理由とは?本名や年齢他

   

Pocket

皆さん、五月千和加さんと言う方をご存知でしたでしょうか、お美しいという表現が一番似合っていると思うのですが、あのギャル家元としても人気の五月千和加さんが中居正広の身になる図書館2時間スペシャルに出演をされていましたが、あの赤い髪にやはり強烈な印象を覚えますね。

私が思い出すのは、あの赤い髪は、当時学生だったころにエックスジャパンというバンドが流行ったのですが、そのバンドのメンバーでHIDEというメンバーの方がいたのですが、そのHIDEさんの頭が赤髪だったのを思い出しましたね(笑)

とても懐かしいのですが、あのエックスジャパンも当初はあまり好きでは無かったんですよね、やはりビジュアル系バンドを好きと言ってしまうと、あの思春期の時期は少し変わった人のような感じで見られたので、内心誰にも言わずに密かにエックスジャパンの応援をしていました。

さて、そんな赤髪の五月千和加さんなのですが、実は日本舞踏家ということで、そのギャップに驚きましたが、まだまだメディア露出もこれからという感じなので、少し早めに皆様に知って頂こうとまとめてきましたので、是非ご覧ください。

ちなみに、ここ最近のニュースで気になったのは、ホリプロスカウトキャラバンで選ばれたグランプリの子がオネエなのではないかと内心思っているのですが、気になる方は是非のぞかれてください→定岡遊歩 出身高校やバイト先は…りゅうちぇる似を拒む理由とは?

 

Sponsored Link

 

五月千和加 タトゥーを入れているのは本当?カラコンや赤髪の理由とは…

五月千和加さんですが、インスタなどを色々と拝見すると、すっぴん画像などもチラホラあるのですが、お綺麗ですよね、タトゥーをいれていても髪が赤いこともあってか、なんだか雰囲気はLA美女のような感じですね(笑)

日本舞踏家ということで、やはりしきたりなど、うるさい面があるのではないかと思っていましたが、どうやらタトゥーと舞踏にあまり制約はないのでしょうか、至る所にタトゥーをいれていらっしゃるようですね。

芸能人の方でも、タトゥーを入れている人が最近は多いのですが、これも時代の流れでしょうね、タトゥーはファッションであるということを、認めざる負えない時代なんでしょうね。

何故タトゥーなのかは、やはり推察すると日本舞踏をより身近に、若い人に特に感じてもらいやすくするために、体現をされたのではないかと思うんですよね、そしてカラコンも同様でしょう。

赤い髪については少々派手なので、理由を探してみるとどうやらディズニーに出てくるアリエルのファンだったようで、そこにインスパイアされて髪を赤く染められているんだそうですね。

お名前シール お得4点セット-ディズニー 名前シール 【おなまえシール/ネームシール/アイロンシール】【ディアカーズ】【Disneyzone】【売れ筋】

若いうちは何をやっても似合うので、私は羨ましく思うのですが、是非このままのスタイルを貫いてもらいたいですね!

 

五月千和加

 

五月千和加の本名や年齢、プロフィールのまとめ!

五月千和加さんという名前ですが、初めて見た時に声に出して読めませんでしたね(笑)どうやらさつきせんかわさんと読むようですが、ちょっと本名にしては違和感があり、調べて見ました。

すると、本名は五月光という説が多く出ており、恐らく本名はこれだろうと推察します。

年齢は、1992年生まれという事で、現在25歳と非常にお若いですね!またインスタではあまりわかりにくかったのですが、身長は159センチとあまり大きくありませんね。

見た感じは170センチぐらいあるのかと思いましたが、身長も高くてタトゥーにカラコン…私はちょっと驚きすくみあがるかもしれません(笑)

 

Sponsored Link

 

五月千和加がピアノ?その腕前とは…

日本舞踏をされているような方ですから、実は幼少期から英才教育だったに違いないと思っていましたが、調べるとピアノというワードを発見しました。

ギャル家元ということばかり先行していますが、敬語も話され、見た目以上に努力をされている姿を拝見し、私も頑張らなくてはと思っている今日この頃ですが(笑)

ピアノに関しては、芸能界特技王決定戦でも見事な演奏を披露されていたようですね。

子供の時から指を動かす運動をした方が、勉強ができるようになるということで、私も祖母からピアノを進められ、小学校2年生ぐらいになるまで弾いていたことがあるのですが、実は意外とその頃は勉強も出来ていた秀才だったんですよね。

ですから、ピアノは実は教育上良いのかもしれないと思い、私にも子供ができたら、是非ピアノは教えたいと思っていたんですよね(笑)

五月千和加さんはこれから、ドンドン活躍をしていくと思いますので、しっかりと追いかけて行こうと思います!最後はこちらの綺麗な舞踏の様子でお別れしましょう!

 - 自動車にまつわる話