ロマチェンコ 2018年次戦の相手…ミゲールベルチェット戦績他

   

Pocket

さて、ボクシングのネタも休み休みとなっていましたので、そろそろ書いていこうと思うのですが、ロマチェンコがついにアマチュアエリート対決を制しましたよね、ギジェルモリゴンドーとの対決は本当に見ものだったのですが、やはりリゴンドーの2階級あげたのは、かなりつらかったのでしょうね。

ただ、これは年齢の部分も少し、リゴンドーには不利に働いたような感じもしますよね、やはり20代後半のロマチェンコに対し、35歳を超えたリゴンドー、経験値というところとクイックネスというところでは、リゴンドーの方が経験豊富だったとは思いますが、フィジカルやパンチの重さと言う所では、ロマチェンコを超えるのは難しかったですよね。


ただ、決してリゴンドーが弱かったのではなく、ロマチェンコが強すぎたというほうが正しかったでしょうね、私としてはやはりスーパーフェザー級の他団体ベルトの統一にロマチェンコは向かって欲しいですね。

ただ、正直WBAやWBCのベルトは、最近価値が低くなったと言いますか、あまり保持していてもというような印象が強いんですよね、WBOやIBFなどのベルトを獲得して、長期に渡って守り続けるというのも、1つ手かもしれませんが、ロマチェンコ自体年齢ももうすぐ30歳になりますし、あまり猶予もないと思いますので、勝てる間に他の人が成し遂げていないことを1つでも多くチェレンジしてもらいたいと言うのが、私の感想です。

さて、2017年はロマチェンコがリゴンドーを下しましたが、2018年ロマチェンコの次戦の相手は一体誰になるのか、少し予想をしてみました。

他団体のベルトを視野に入れて場合、もしくは今回防衛を果たしたWBOのランキングを振り返り予想をしてみようと思います。

 

Sponsored Link

 

ワシルロマチェンコ 2018年 次戦の対戦相手は誰?

このスーパーフェザー級の他団体のチャンピオンを見てもらうとわかるとおり、やはりKO勝利を収めているチャンピオンが多いですよね、やはり体重も軽量級に比べ少し重いので、迫力がある階級ですよね。

さて、ワシルロマチェンコさんの次戦の相手ですが、恐らく私は他団体を視野にいれているのではないかと思うんですよね、やはり先ほどの通り年齢的にもベルトの保持より、統一でしょうね。

ボクシングはやはり、その階級で誰が結局一番強いのかというのがわかれば、見ている人が素人でも凄さがわかりますしね、そして2018年次戦の相手は次に画像と名前を紹介していこうと思います。

 

ミゲールベルチェット

 

ワシルロマチェンコ 2018年 次戦の相手はミゲールベルチェット?

ワシルロマチェンコさんの次戦ですが、2017年はもう仕事おさめで、2018年となろうかと思いますが、恐らくミゲールベルチェットあたりになるのではないかと思いますね。

【送料無料】ボクシンググローブ パンチングミット 左右セット 8oz 10oz 12oz 14oz 16oz オンス ボクシング 打撃 練習 格闘技 トレーニング グローブ 8オンス 10オンス 12オンス 14オンス 16オンス

というのも、ミゲールベルチェットさん自体が、強い選手と戦うと豪語していますから、他団体の選手でも引くことはないでしょうね、ただこのミゲールベチェット選手がふさわしいかと言うと、全くそうではない気がします。

というより、恐らくワシルロマチェンコさんには勝てないでしょうね、素晴らしいKO率を誇りますし、1つ1つのパンチも丁寧なのですが、何より過去KOダイナマイトの三浦選手との試合運びを見た際に、ちょっと厳しいと思いましたね。

決め手に欠くと言うか、手数はそこそこあるように思うのですが、ラウンドが進むにつれて印象が薄れて言った感じでしょうかね。

 

Sponsored Link

 

ワシルロマチェンコ 2018年 次戦の相手はアルベルトマチャド?それとも…

動画をみても、やはりワシルロマチェンコの相手はアルベルトマチャドが合うかもしれませんね、あの内山を破ったジェスレルコラレスにも勝ってますし、しかもKOですね。

ただ、チャンピオンの体重超過もあり、間違いなく減量失敗、いえこれは4パウンドオーバーなので、ボクシング経験者ならわかるような気もしますが、既に体重をリミットまで落とす気が無かったようにも思いますよね。

さて、このアルベルトマチャドという選手なのですが、中々のパンチャーですので、動画で是非ご覧いただきたいですね。

ただ、アルベルトマチャドよりも、WBOにはロマチェンコと戦いたいという少し恐ろしいボクサーもいそうなので、恐いもの知らずの選手ものぞいてみますと、WBOのランキングにも面白い選手はいますね。

 

 

キャリア序盤での敗北が多いですが、歳をとるたびにその強さが際立つ、オルランドサリド選手などは、意外とクリンチなどを活用しながら、うまくボクシングをしそうではありますね。

調べるとロマチェンコに一度挑んでいるようですので、もう一度再戦もありえるかもしれませんね、今後対戦相手が決まれば更にレポートしていきたいと思います!

 - 気になる時事ネタ