梨田昌孝 息子が遺跡発見?見つかったはさみ山とはどこにある…

   

Pocket

元近鉄の監督、そして日本ハムでの監督をされて優勝にも導いた、あの梨田昌孝さんですが、新型の影響で床に伏せているというような報道がありましたね。

現在はどのような状況なのか…先日の志村けんさんのこともありますし、少々不安ですよね、またこれを起点に色々と濃厚接触があったと思われる人への調査が及ぶわけですが、いつになるとこの騒動が終わるのか。

先行きの不透明感がちょっと気になってしょうがないですが、今日は梨田昌孝さんについて書かせて頂こうと思っておりますが、梨田昌孝さんと検索すると、やはり息子さんや遺跡についての記事が非常によく検索をされているようでしたので、皆さんに今日は息子さんについての情報と遺跡についての話をさせて頂こうと思っておりますので、ご覧くださいね。

 

Sponsored Link

 

梨田昌孝の息子は今現在どこで何をしているの?

現役時代は、こんにゃく打法で名をはせた梨田昌孝さんですが、そんな梨田昌孝さんの息子さんについて調べて見ました。

お名前については、梨田和利さんと言われるようで、現在は生まれ年から考えますと今年35歳になるのでしょうかね!梨田昌孝さんに非常に似ていて、清閑な顔立ちのイケメンです。

そんな息子の梨田和利さんですが、島根県の浜田高校をご卒業なんだそうで、浜田高校ということは、あのソフトバンクの和田投手の後輩ということになるのでしょうかね。

梨田昌孝 楽天解任の理由やのびのびやらせてやれなかった原因とは

高校時代についてはそんなにプロ注目選手というような話は無かったようですが、その後関西学院大学へと進学をされ、野球を続けられていたのですが、怪我もあってか、マネージャー職へと転身されていたようです。

やはり膝の故障を抱えてのプレーは難しかったのでしょうね…そんな梨田和利さんですが、その後無事に大学をご卒業され、有名企業に就職を果たされているようですが、恐らく野球関係の仕事ではないのでしょうね。

詳細についてはもっと情報が出てくればこちらにも書かせて頂きますね。

 

梨田昌孝 息子

 

梨田昌孝の息子和利と遺跡に関係あり?はさみ山ってどこにあるのか…

息子さんをよく調べられている人が多いのと、遺跡についても検索がされていることを考えると、息子の和利さんがどこかで貴重な歴史を紐ほどく遺跡?を発見されたのかなんて思っておりましたが、何か関係があるのか調べて見ました。

まず書かせて頂きますと…遺跡を見つけたのは息子さんでは無いと言う事はわかりました(笑)当時「梨田が移籍」なんて週刊誌などに書かれたようですが(笑)この真相は次の通りです。

どうやら、梨田昌孝さんがはさみ山に自宅兼の商業ビルを建てる予定だったんだそうです。

ですが、その所有している土地の一部から移籍が発見されたんだそうで、そのせいもあってかそこに自社ビルを断念されたんだそうですが、その話の下りから、その遺跡についてははさみ山遺跡梨田地点という名前になったそうですね。

遺跡が出てきては…やはり文化財保護の観点もありますから、確かに建物は建てられないでしょうし、なんせビルですからね(笑)恐らく梨田昌孝さんも、泣く泣く断念したことでしょうね。

当時、その土地には8000万円近い大金をつぎこまれていたようなので、そのお金は戻ってきたのでしょうかね?ちなみに、そのはさみ山の場所になりますが、大阪府の藤井寺にあるようですよ!

 

Sponsored Link

 

梨田昌孝の自宅予定地から埴輪は結局出土したのか?

確かに8000万円ですからね…ちょっと残念なようにも思いますが、でも私なら遺跡が出てきた方が、ちょっと有名になるのでどちらかと言うと、遺跡が出てきてくれた方がおいしいかなとは思っています!

で、肝心なその自宅から埴輪は出土したのでしょうかね?

遺跡の痕跡があったぐらいであれば、もしも私が所有者ならそれだけだったのか(笑)なんて話ですが、例えば古い硬貨とか、古い石器品、他にも埴輪などが出土すれば恐らくかなりテンションは上がるでしょうからね。

在庫あり 4/23 入荷予定【2個で送料無料】検査済み 宅配発送【お一人8点まで】マスク 50枚 BFE99% サージカル 使い捨て 普通サイズ 大人 花粉症対策 ますく mask レギュラーサイズ PM2.5 立体 フェイスマスク 立体マスク 箱入り 在庫あり 不織布マスク

さて本題に戻りますが…どうもその自宅からは石器や石核などが発見されたようで、遺跡の跡だけでなく、ちゃんと出土品もあったようですね!恐らく文化財などであれば、売ることはできないのでしょうから、それはそれでヤキモキしますけどね。

その後、自宅自体は設計変更がなされ、さらに遺跡などにおいては土中に再度保存ということになったようですが、一部は飛鳥博物館などに展示もされているようですよ!

 - 気になる時事ネタ