ミリー・ボビー・ブラウンの演技力とは?芝居が上手い・下手な女優

   


ハリウッド映画のノウハウを凝縮した、GODZILA(ゴジラ)ですが、2014年の続編がついに決定したようなのですが、日本の映画がハリウッドでリメイクされ、しかもそれが続編になるとは凄いですよね。

前作は渡辺謙さんが出ていましたねー、それと私の好きな俳優のアーロン・テイラー=ジョンソンが出ていましたよ確か(笑)

キャプテンアメリカやアベンジャーズなんかにも出ていた役者さんで、23歳年上の姉さん女房と結婚をしたことで、ちょっとニュースになりましたね。

しかも、この奥様なんですが、40歳を超えて出産に成功していますし、乳がんと大腸がんも克服されてるんですよー、出産と呼ばれる大変な経験をしてなお、大きなハードルがあったにもかかわらず・・・すごい!私も38℃くらいの熱でガタガタ言ってる場合じゃないですね(笑)

横道をそれましたが、ミリー・ボビー・ブラウンさんという子役さんも、これから子役に訪れるであろう様々な人間模様というハードルを乗り越えて、成功してもらいたいのですが、今後成長するであろう演技力や、生い立ちなどについて少しご紹介しましょう。

子役さんがこの熾烈な映画界の競争に勝ち残ろうかと思うと、やはり演技力が重要だと思います。

どうも、ミリー・ボビー・ブラウンさんには光る物を感じますよ!

 

Sponsored Link

 

ミリー・ボビー・ブラウンの演技力が開花した作品は?

日本でもたくさんの子役さんがいるわけですが、何かのテレビ番組やお芝居、ドラマなどに出演することができるのは一握りです。

しかも、その子役さんが青春期を経験し、さらに成人あたりまで活躍をするというのは、更に一握りでしょう。

では、そのような子役さんたちが、どのようなタイミングで世に認知され、名前を覚えてもらい、ずーっとファンに追い求められる存在になるのでしょうか。

それは「ヒット作に恵まれること」だと思うんですよね、巨大なヒット作に恵まれれば、そのときのキャラクターとされ認知されますし、絶対数が知ってくれます。

この絶対数と言うのは、その映画とかドラマは見てなかったけど、俳優の○○っていう人最近人気なんだって?というように、全く興味が無い人まで認知してくれるわけですから、このようなヒット作が良くも悪くも、その人の今後を左右することになるわけです。

では、ミリー・ボビー・ブラウンさんがゴジラに抜擢されることになった作品なのですが、ストレンジャーシングス未知の世界というドラマだったんですね。

ここでは秀逸な芝居というよりは、熱演が話題を呼び関係者に注目をされることになったんですよね。

ご家族はイギリスにいながらも、一人アメリカのドラマでしっかりとお芝居をするわけですから、人間的にも出来た子なんでしょうね。

 

ミリー・ボビー・ブラウン

 

ミリー・ボビー・ブラウンのように、演技が上手い子役・女優は?

個人的な評価になると申しわけないのですが(笑)、海外で子役の時から演技が良いと言われていた人でいいますと、例えばダニエル・ラドクリフなんかは非常に演技が上手かったと思いますね。

何より、なぜ海外の子役が演技がうまいのか?ということになるわけなんですが、そのダニエル・ラドクリフは子供だからといって、日本のようにアニメばかりは見ていなかったようで、ちゃんとドラマや映画などを見て、演技を学んでいたそうですね。

アラバマ物語なんかは、ダニエル・ラドクリフが非常に感銘を受けた作品のようで、子役くらいの年齢の子が、普通そんな作品に心打たれませんよね(笑)

あとは、ホームアローンのマコーレー・カルキンさんも、演技は非常にうまかったのですが、人間の波にさらわれてしまいましたけどね・・・。

 

Sponsored Link

 

ハリウッド俳優で、演技が下手だった役者や女優は誰?

これは難しい(笑)

なぜなら、演技が下手な俳優さんや、女優さんはハリウッドではやっていけませんからねー、でもたまーに演技が自分にとってハマってない人がいるんですよね。

例えばシルヴェスタ・スタローンさんなんかは、ラジー賞の常連ですし、ちょっと演技が垂れぼったいというか、アーノルド・シュワルツネッガーさんとは少し雰囲気なども違いますよね。

決して悪い役者さんではないと思いますが、演技の幅や深さなんかは、自分的にあまりハマってないかな?なんて思ったりしますが、ただあの体を張った演技と言うのは、だれでも出来る事ではないですよね!

アクション俳優っていう部類の役者さんは、正直、年々少なくなってきていますから、貴重な存在とも言えるんですけどね!

ちなみに、女優さんでいうと、メグライアンさんなんかは、あまり演技が私にはハマりませんでしたねー、やはりメリルストリープ級の演技には、ほど遠いレベルのように感じました。

 - 気になる時事ネタ