桂あやめ 事件の真相は…桂文枝との関係や娘の父親の名前や画像?

   

Pocket

爆報THEフライデーに、桂あやめさんがこの度出演をされるようですが、桂あやめさんと言えば、本名は入谷ゆかさんと言われ、女性の落語家さんなんですよね。

桂あやめというのは、3代目を継いでおり、桂文枝一門の方のようですが、落語家というのは私はあまり知らないのですが、以前実は少しだけ記事にしたことがありますね、林家たい平の絵がうまい!弟子のテリ平、たいぺーとは誰?

それにしても、女性の落語家というのは私、全然聞いたことがないのですが、そもそも男の色が強いと思っていた職業なので、少し私も驚いています。

時代の流れで、やはり女性が活躍をする時代なのでしょうね、私の職場でも意外と女性が増えてきて、昼休憩の食堂なんかも、ここ数十年であっと言う間に女性が多くを占める会社に変貌してしまったなと。

意外と、女性が多い職場が羨ましがられたりするのですが、そんなことないんですよね、男性職員ならではの、男性トークはできなくなりますし、体臭や口のにおいとかエチケットも今まで以上に気を使わないといけなくて、本当に円形脱毛症になりそうです(笑)

さて、話が逸れましたが、桂あやめさんが過去に巻き込まれた事件のことなど、色々と話をしていこうと思いますよ。

 

Sponsored Link

 

桂あやめ 事件の内容と真相とは…

桂あやめさんは過去に事件に巻き込まれているようなのですが、かなり大きな事件だったようですね。

というのも、スナックママ事件というものが、1992年に起こったようなのですが、その事件の犯人の西〇正〇が、桂あやめが暮らしていた部屋に隣に住んでいる住人と偽り侵入し、いきなり首をしめられてようです。

これは怖いですよね、私の友人の女性は隣人が窓の外からずっと覗いていたなんて話を聞いたことがありますが、こんなレベルではないですね(笑)

また、その際に14万円も現金を奪われていたようですが、その後通報をし被疑者逮捕に至ったようですね。

その後桂あやめさんは、防犯関係の広告にも抜擢されることになり、結果としては良かったのかもしれませんが(笑)

 

桂あやめ

 

桂あやめと桂文枝の関係とは親子なのか?

桂あやめさんは桂一門というのは、調べてわかったのですが、桂文枝さんとの関係が気になり少し調べて見ました。

というのも、同じ桂なので私は、親子鷹のような感じなのだろうと思っていましたが、どうやら親子関係ではないようです。

よしもと上方落語をよろしく!! 白秋こすもす組 [ 桂三風 ]

桂文枝さんの本名は長谷川多持さんと言いまして、桂あやめさんの本名とは全く違いましたね(笑)恐らく桂あやめさんの師匠が桂文枝さんなのでしょうね!

 

Sponsored Link

 

桂あやめの父親や娘の名前や画像は…

桂あやめさんには娘さんがいらっしゃるようなのですが、桂あやめさんの年齢からすると、既に娘さんも大きく、成人を迎え結婚をされて、お孫さんがいる可能性もありますよね。

桂あやめさんはシングルマザーとして、娘さんを大事に育てられたようですね。

実は桂あやめさんは、初めてご結婚をされた人との間に、子供はもうけなかったようで、結婚は1988年から僅か3年ほどで破たんをされていますね。

照明技師の方との結婚だったようですが、やはり収入など格差婚などのようなことがあったのでしょうかね、その後離婚した後に結婚、再婚の話と言うのはありませんでしたが、なんと2002年に娘さんを出産されています。

ということは、まだ桂あやめさんの年齢からみると、娘さんは15歳くらいなので、ちょうど思春期ど真ん中ですから、反抗期をむかえているかもしれませんね、知り合いの娘さんも、中学にあがったくらいから全然いう事をきかなくなり、高校で更に拍車をかけ、そして大学になると落ち着き、社会人くらいになると食事なども一緒にできるようになったと聞いたことがありますが、桂あやめさんの娘さんとの仲はどうなのでしょうかね。

子供の名前や画像は出回っていませんから、恐らく芸能関係の道にはすすめさせたくないのでしょうかね、よく子供さんなどは子役から出て芸能界にいる人も多いですからね。

ちなみに、女性の落語家さんで思い出しましたが、この人も人気のようですね→露の團姫(つゆのまるこ)出演ぶっちゃけ寺が突然終了した理由とは

 - 気になる時事ネタ