府川唯未 旦那と離婚した原因とは…因縁のあるプロレスラーは誰?

   

Pocket

爆報THEフライデーの芸能人再会スペシャルに、当時その美貌で風靡した、人気プロレスラーの府川唯未さんが出演をされるようです。

そんな府川唯未さんと言えば、写真集を出すなど、現在のアイドルレスラー的な立ち位置でもあったのですが、その美貌から、過去には色々とイジメにあったこともあったのだとか。

現在はプロレスラーとしてのキャリアを終えられていますが、辞めた理由は当時大きなけがをしたことでドクターストップがかかったようですね。

私も、昔左足を疲労骨折したことがありまして、かなりの激痛にドクターストップがかかる予定だったのですが、人数不足で強行で野球の試合に出さされた記憶がありますね、当時はなりふり構っていられないということもあってか、その試合できっちりヒットも打つなど、活躍をした記憶がありますが、これってイジメですよね(笑)

ちなみに、私実は女子プロレスラーの方の追っかけほどではないですが、記事を色々と過去に書いていますので、もしよろしければご覧になってやってください!

阿部四郎のめちゃイケなスナックはどこにある!店名の由来は?

しくじり先生ブル中野とダンプ松本、何故ヒール?アジャコングの今

西脇充子へ北斗晶が送った手紙の内容は?好敵手ブル中野との関係は

さて、今日はあの美人レスラーの府川唯未さんを徹底解剖していきたいと思います!

 

Sponsored Link

 

府川唯未は離婚したのか…今の旦那は誰?

早速気になったのは、府川唯未さんの結婚相手についてなのですが、あれだけ綺麗な人だと必ず彼氏か旦那さんはいるのだろうなと思っていましたが、どうやら正解でご結婚はされているようです。

そんな中気になるのが「離婚」と言うワードだったわけですが、調べても府川唯未さんが離婚をしたようなニュースや記事は見当たりませんでした。

もしかすると旦那さんは、プロレスラーの田中稔さんですから、お互い負けん気も強そうですし、早く離婚をしてしまうのではないか?ということで噂がたったのでしょうね。

ちなみに、田中稔さんのタッグパートナーでもある金本浩二さんは現在、離婚をされているということもあり、その際に府川唯未さんの旦那さんである田中稔さんも「離婚」ということで検索をされていたのかもしれませんよね。

女神列伝 女子プロレスパーフェクトガイド1950〜2011 [ 女子プロレス研究会 ]

 

府川唯未

 

府川唯未の因縁のライバルは誰?…

府川唯未さんの因縁のライバルと言えば、あまりいないようにも思えたのですが、どうも過去には壮絶なイジメにあっていたようです。

壮絶なイジメに府川唯未さんは毎日のように泣いていたようですが、それを助けたのがあのアジャコングさんのようですね!

アジャコングさんも、全日本女子に入りたての頃は、良くイジメられたようなのですが、自身が受けていたイジメを府川唯未さんには経験をしてほしく無かったようで、救いの手を差し伸べたんだとか。

これは、アジャコングさんは女子プロレスラーですが、男前ですよね、自分もまたイジメられるかもしれないのに、中々手を差し伸べると言うのはできませんよね。

そんなイジメをしていたとされる、因縁の相手ですがどうも、井上貴子さんや井上京子さんとも言われていますよね、ちなみにそんな井上貴子さんも御嬢さんレスラーとして売り出していた下田美馬さんにイジメられていたようで、この時代の女子プロでは伝染するかのように、イジメがはびこっていたようですね!

 

Sponsored Link

 

府川唯未の癌はステージ2?3センチの腫瘍とは…

癌と言うのは、その程度を表す際にステージという表現で、癌の進行具合などを表しますが、先日も広島カープの赤松選手がステージ3だったと告白をされましたが、奥様もかなり当時は憔悴されていたようですね。

レースクィーン赤松寛子の現在は?旦那はカープ赤松、胃がんは初期

さて、そんな中なのですが府川唯未さんが、甲状腺の乳頭がんということが判明したわけですが、どうも大きさは3センチほどの癌という事でした。

間違いなく1つであれば末期のレベルではないですが、その再発率や治癒率、生存率と言えば良いかもしれませんがどの程度なのか少し調べて見ました。

5年生存率とも言われておりますが、癌のステージが仮に2だとしたら、5年実測生存率は34.3%、そして5年相対生存率は38.9%のようです。

これはあくまで、肝臓がんのデータですが、以外と高いと思いますが、10人中3.5人ほどしか生存をしていないということを数字でみつめると、少し怖さもありますよね。

府川唯未さんは手術も無事に済んだようですが、今後転移しないように予後のケアが重要になってくると思われますので、しっかりと癌を克服して、また元気な姿を見せてほしいですよね!

 - 気になる時事ネタ